YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

黒岳・修行

とっさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:福岡
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1964
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

久住山(九重)・大船山・星生山

2016/06/10(金) 18:44

 更新

黒岳・修行

公開

活動情報

活動時期

2014/05/11(日) 07:44

2014/05/11(日) 14:53

アクセス:372人

タグ

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,052m / 累積標高下り 2,055m
活動時間7:09
活動距離9.34km
高低差868m
カロリー4110kcal

写真

動画

道具リスト

文章

だらだらしたGWでなまった身体に鞭打つために、この近辺で最もきつい山のひとつだと思われる黒岳にいってきました。
同行者はH.YさんとHさん。現地でなんとかの貴公子と名乗る登山大好きおじさん、福岡から来た明るいおじさんふたり組みとともに登ってきました。

白水鉱泉の黒嶽荘からの登山です。

最初の目的地は前岳。
登山道はしっかり分かるのですが倒木が多く歩きにくく、さらに急登でいきなりばてばてです。
しかし、そのきつさを和らげてくれるのが、一面の石楠花の群生です。
前を向いても石楠花、右を...、左を...、振り返っても...。
今年は五年振りの花着きのよさらしく、最高の日に来たとベテラン登山者の方にいわれ、大喜びです。
でも、きつかった。

前岳通過後は、小さなピークを3~4つ越え、上台まで行きます。するとやっと高塚山が見えてきます。
左のほうを見ると天狗岩が。
しかし、きつい。
登ったり、下ったり。
へとへとだけど強がって元気に高塚山頂へ。
あっちをみると天狗岩が僕らを誘っています。
さあ、行くしかありません。

いったん下り登り返します。
意外と簡単に登れました。裏側から見た大船山の雄姿は圧巻でした。

風穴までガレ場を滑り降り、ながーいアップダウンのある帰り道をひたすら歩き
ようやく黒嶽荘へ帰り着きました。

黒嶽荘では炭酸泉で顔を洗い、炭酸水にシロップをいれて飲むことができ生き返りました。

最高の天気の中、石楠花づくしの山行で、僕の登山史で1、2のきつさでしたが最高に充実した一日でした。
帰り、すいか買って帰りました。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン