YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

九千部山~脊振山(脊振山系縦走その9)

konyさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:20年前には子どもと一緒によく登っていました。雪の久住、早春の経ヶ岳で迷って遭難しそうになったことも今ではいい思い出です。
    コレステロールと高脂血症の対策を兼ねて、また登り始めました。お花を探しながらのゆっくり登山です。無理なく登れる山のお花の情報を探しています。
    「夫婦で山歩き」私たちのブログです。http://blog.goo.ne.jp/runner524
  • 活動エリア:公開しない
  • 性別:公開しない
  • 生まれ年:公開しない
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:初心者
  • その他 その他

脊振山

2015/06/14(日) 19:07

 更新

九千部山~脊振山(脊振山系縦走その9)

公開

活動情報

活動時期

2015/06/14(日) 05:54

2015/06/14(日) 14:42

アクセス:368人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 17,612m / 累積標高下り 17,605m
活動時間8:48
活動距離38.17km
高低差946m
カロリー4114kcal

写真

動画

道具リスト

文章

久しぶりに脊振山系縦走に行ってきた。
天気予報は晴れ。暑くなりそうだったので早めに家を出て南畑ダムの駐車場へ。我々のちょうど前に一台車が駐車場に入っていったので注目しているとバス釣り(?)の親子だった。
グリーンピア那珂川のゲートまで歩き、左手の桜谷遊歩道入口から九千部を目指してスタートした。久しぶりの山登りでなかなか調子が出ない。ゆっくりと登る。中腹から上はもやってまるで幽玄の世界。時折パラパラと水滴が落ちてくる。天気予報は当てにならないなぁと思いながら進んでいく。そうこうするうちにようやく標準タイムをかなりオーバーして九千部山頂に到着。見晴らしがいいはずなのに何にも見えない。すぐに石谷山に向かう。九千部からの縦走路は若干の下りで足元もいい。今度は快調に進んであっという間に三領境峠。石谷山に寄り道してから七曲峠に向かう。20年前に見たときには鮮やかだった石谷山の山頂標識(こけしのようなトーテンポールのような…)が腐れて面影もなくなっていた。
三領境峠からは七曲峠まで下り。七曲峠から坂本峠までは登って下り。下りは快調に進むが登りになるとなかなか足が進まない。七曲峠の手前で、朝が早かったからかお腹が鳴り出した。七曲峠の上り石段で菓子パン一個食す。元気を出して坂本峠へ向かう。坂本峠で写真を撮ろうとしてスマホのバッテリーが23%程度まで減っているのに気付く。いつも以上に減りが早い。これ以降、バッテリ-量を意識しながら行動する。坂本峠を出て最初に林道に出たところでおにぎり2個食す。バッテリーを気にしながら進んでいると、いつの間にかお天気になっていた。蛤水道と蛤岳で写真を撮る。蛤岳からの眺望は樹木が邪魔してイマイチ。(20年前はよく見えていたのに)蛤岳でおにぎり5個食す。食べ過ぎた。バッテリーが切れないうちに駐車場まで戻りたいと、蛤岳から脊振山までは休まずに気持ち速足で進む。(食べすぎのお腹を押さえながら) 
脊振山から南畑ダム脇駐車場までは車道を小走りで戻っっていった。頑張ったおかげでどうにかバッテリーが持ってくれた。ログをちゃんと残すことができてよかった(^^) それにしても、初めて見た五ヶ山ダムは巨大だった。

5時自宅発、(途中コンビニでおにぎりを買う)、5時50分南畑ダム駐車場、5時54分歩きはじめ、6時06分桜谷遊歩道入口、7時44分九千部山7時48分、8時03分四阿分岐、8時40分三領境峠、8時45分石谷山、8時52分三領境峠、9時46分七曲峠9時57分、10時28分坂本峠、12時12分蛤岳12時35分、13時25分脊振山、14時42分南畑ダム駐車場、(落し物を取りに車で)15時10分脊振山、(途中、ガソリンを入れて帰宅)
その10に続く。https://yamap.co.jp/activity/107661

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン