YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

鏡山(かがみやま) (付録:虹の松原)

コックンさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:2014年12月8日超低山歩きをはじめる
    一山一神(いちざんいっしん) 主義のつもり
    趣味=妄想、歯磨き、深呼吸のつもり
    特技=すぐ飽きること、
    活動は少ないのに活動日記は多いつもり






  • 活動エリア:福岡
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1955
  • 出身地:佐賀
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

唐津市

2015/06/15(月) 17:41

 更新

鏡山(かがみやま) (付録:虹の松原)

公開

活動情報

活動時期

2015/06/15(月) 13:37

2015/06/15(月) 14:24

アクセス:346人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 559m / 累積標高下り 585m
活動時間0:47
活動距離9.27km
高低差284m
カロリー13kcal

写真

動画

道具リスト

文章

お墓そうじの帰り、久しぶりに唐津から海沿いに走ってみようと思ったのは義母に虹の松原と鏡山を感じてもらいたかったからだ。
結果、自分自身が唐津から遠ざかっていることに気づかされた。

子どもの頃、流行ったクイズがあった。
「世界一高い山はなんという山か?」
「日本一高い山はなんという山か?」
どちらの答えも「鏡山」だ!
理由は各自考えてくれ。

約25年ぶりの鏡山だった。
25年前の鏡山は、おやじ、おふくろ、妻、長男、二男、三男、俺の7人だった。
今日は義母と妻と俺の3人だった。

黄砂のためか唐津湾は霞んでいたが、虹の松原と唐津湾とのコラボを義母と妻は喜んでくれた。

新しい道ができることによって通らなくなる道がある。
鏡山と虹の松原の間のバイパスを長いこと福岡~伊万里を走るときの道だったのが、今や鏡山の南側をバイパスが走り、なんと南波多まで一気に行けてしまうんだ。

実家を売ってふるさととの今生での別れをしたつもりだったが、昭和33年に貧しかった親父がたぶん若くして死んだ兄貴(享年27才)のためにつくった墓が俺のふるさとの証かのように存在してくれていたんだ。

いつまでお墓そうじにいけるかわからないが、いける間は必死でいってそうじをする!
そして、帰りには鏡山に立ち寄って唐津湾や虹の松原と思い出を語り合ってくるんだ♪

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン