YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

槍。登り。日帰り、無理。

うちさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:26年お盆から登りはじめて何でこんなにハマっちゃったかなぁ?と自分でも不思議なくらい狂ったように登り続ける日々です。

    26年の目標は武奈ケ岳でした。27年は奥穂高岳でした。28年はジャンダルムでした。次どこやろ… 月火休みなのでソロが多いですが、時間が合えば何時でも誘って下さいね!
  • 活動エリア:長野, 岐阜, 滋賀
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1968
  • 出身地:滋賀
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:中級者
  • その他 その他

穂高岳・槍ヶ岳・上高地

2015/06/16(火) 15:50

 更新

槍。登り。日帰り、無理。

公開

活動情報

活動時期

2015/06/15(月) 08:34

2015/06/15(月) 18:55

アクセス:449人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,230m / 累積標高下り 637m
活動時間10:21
活動距離13.70km
高低差1,593m
カロリー5513kcal

写真

動画

道具リスト

文章

仕事が終わるのが遅くなり、出発が3時になってしまいました。
8時過ぎに新穂高到着。駐車場に入れようとしたら無料の所はちょっと下の深山荘の駐車場に停めて下さいとのこと。もっかい戻って深山荘に停め、身支度をして出発は8時半になってしまいました。

もう日帰りは無理、槍ヶ岳山荘までも危うい時間です。とりあえず山荘に電話して予約を入れました。
幸い天気は晴れ、右俣林道を気持ち良く歩きます。だが、何キロあるのかずっと林道です。ちょっと飽きてきてボーッとしてたのかショートカットの登山口を見過ごしてしまい、林道をそのまま行ってしまいました。
体力を温存したい方は林道をどうぞ。

白出沢にはトイレと水場、テーブルがあり落書き帳が置いてありましたので、ちょっと書いておきました。

白出沢からやっと登山道になります。滝谷避難小屋で休憩、川を渡り槍平小屋までずっと右に山、左に川を見ながら進みます。

槍平小屋の方に声をかけていただき、2500m辺りの雪渓でアイゼンを履いてトレッキングポールの装備の方がポールを折ってしまい大変だったとのこと、やっぱりピッケルはいりますよと言われギクッ!ピッケル持って来てませんけど…
まぁ行くだけ行ってみてダメなら帰って来よっと…そんなとこは鈍感なのか白山の雪質の頭があったのかそのまま進みます。
水場の近くでご飯を食べ、先を急ぎます。

雪と岩のミックスが続き、非常に歩きにくいです。どこでアイゼンを履くか迷います。そのうち天気が崩れて来ました。直ぐ上は蓋をされたように雲が立ち込めてます。
大きな雪渓の手前で雷が鳴り雨がザーッと降って来たので、特攻?待機?撤退?迷いました。この広場にアイゼンを履いた人が出て行ったらどうなるか想像しましたが、西穂高の高校生のことしか思い浮かびません。やっぱり待機。次の雷鳴ったら帰ると思ったのに鳴りません。笠ヶ岳方面を見ても回復しそうにありません。それならGO!と一気に雪渓を渡ってしまいました。

もうガスの中なので視界がききませんが、雪もなくなり道はわかります。雷鳥が疲れを癒してくれました。千丈乗越の稜線に出たとたん突風が襲います。ポールがないと立ってられませんでした。くじゅうの星生山を思い出していました。高度は2900mを超えていたので、あと少しと力を振り絞り登りました。
ガスの中に山荘が浮かんで見えた時は嬉しかったです。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン