YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

太閤道(金龍寺跡まで)

Mayさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:近畿、たまに他府県遠征でぼちぼちと登っています。ソロは北摂中心です。
  • 活動エリア:
  • 性別:女性
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:初心者
  • その他 その他

ポンポン山(京都府)・釈迦岳・小塩山

2015/06/20(土) 21:54

 更新

太閤道(金龍寺跡まで)

公開

活動情報

活動時期

2015/06/20(土) 09:45

2015/06/20(土) 11:56

アクセス:299人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 200m / 累積標高下り 206m
活動時間2:11
活動距離5.68km
高低差158m

写真

動画

道具リスト

文章

午前中は雨降らない予報、午後から予定ありで、短時間で軽く歩けるところで考えて、高槻の太閤道に行ってみることに。

太閤道は、明智光秀との大山崎の合戦のため秀吉が四国から引き返したときに通った山越えのルートらしい。

登山口へはJR高槻駅より磐手橋までバスで行けるみたいだけど地図で見るとわかりやすい道だから歩いて行きました。バス停辺りはダンプやトラックが行き交う土木工事しまくりの場所です^_^;

登山口に入ってからぐんぐん登って、金龍寺跡っぽい広場に到着。こういう広場ってどこから先の道に繋がってるんかわからないんよね〜と思いながら歩くとやっぱりわからない^_^; 小さな手書きの看板を見つけるも意味わからず。その看板に沿って行ってみたけどここは違う(写真参照)。そうしてる間に今日さらの靴履いてきてて、右足首の外側が耐えらないくらい痛くなってきたんで、引き返すことに(T_T) 戻るときに太閤道の続きの道の表示が見つけた。またの機会に。

帰りは迷わず磐寺橋のバス停からバスに乗りました。

足、アザになってました(T_T) 明日はいつもの靴履いて行こう。それでも痛いかも…

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン