YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

黒Tデビューも天候不良 三嶺断念

みっくんさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:ピークハントにこだわらない登山スタイルをしています。
    気が向いた時に四国の山へ行き、単独行を楽しんでいます。
    一旦休みがちになっていた活動記録も、再びアップしていこうと思っています。

    【H28.9.9 プロフィール変更】
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:初心者
  • その他 その他

三嶺

2015/12/15(火) 13:01

 更新

黒Tデビューも天候不良 三嶺断念

公開

活動情報

活動時期

2015/06/24(水) 09:49

2015/06/24(水) 12:38

アクセス:568人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,175m / 累積標高下り 1,208m
活動時間2:49
活動距離6.20km
高低差427m

写真

動画

道具リスト

文章

◇今回のルート
  白髪山登山口~白髪山山頂~白髪山分岐~白髪避難小屋~ふるさと林道~白髪山登山口:約6.2㎞

◇登った山の標高
  〇白髪山 1769.7m(四国百名山:前回登頂済み)

◇YAMAP黒Tデビュー
  ついに購入フェアで協賛買いしたYAMAP黒Tシャツを着用。
  いろんなレポで書かれているとおり、湿度の高い時期にはちょっときつい。
  ただ、早朝の涼しい時間帯や山頂での着替えとしてならまだ大丈夫かなと思う。

◇天候のいたずら
  駐車場の到着した際、前回見えなかった白髪山が駐車場より眺められたが、上空の雲は灰色混じりで何
 か怪しい。
  一旦ヒカリ登山口へ移動、さおりが原散策で済まそうかとも悩む。
  そうしていた時、雲の合間から陽が差し込んでくる。
  途中で除草作業をしていたおじさんに聞いたところ、『この辺りは天気が変わりやすい。冷たい風が流
  れてくると、間違いなく天気が悪化する。今日なら午前中は天候が持つだろう。』と、そこで白髪山登
 山口へ戻り、今日は三嶺の途中まで経路確認も含めて行ってみようと決定。

◇山行の内容
 〇白髪山からの縦走路の状態
   白髪山からの縦走路は、今回白髪避難小屋までだが、足元は踏み慣らされマーキングテープもしっかり
  されています。
   小刻みなアップダウンと木のトンネルなど、素敵な縦走路です。

 〇白髪避難小屋から直登口へ
   白髪山から行くと、白髪避難小屋手前に『ふるさと林道』と書かれた看板が立てられてます。
   一気に上り下りする急登道で、途中ロープ場所もあり、注意して行く必要があります。
   マーキングテープもしっかりされていますので、道迷いは無いと思います。

◇山行の感想
  地元の除草作業していたおじさんの話通り、天候が悪化、言う通りにしておいて良かった。
  縦走路の確認と無事事故なく下山できてよかったと思います。
  次回は、天候をみて三嶺へ縦走します。

≪山で出会った方コーナー≫
 〇60~70代の夫婦
  白髪山分岐で出会う。
  これまで何度か出会った方だと思う。
  天候が悪くなってきていたため、あいさつ程度で別れた。

 〇除草作業をしていたおじさん
   さすが地元の方、言ったとおり午後から天気が急変。
   汗を流しながらの道路脇の除草作業、お疲れ様でした。
   
≪登山情報≫
 白髪避難小屋への直登ルートは、鹿駆除の銃猟中とのフラグが立てられています。
 行かれる方は、明るい服装、自己責任でお願いします。

≪帰路時の立寄り≫
 〇別府峡温泉
   大人620円、子供310円、家族風呂(1時間)1740円。
   アルカリ泉質で肌がなめらかになります。
   今の時期、浴室からアジサイの花と物部川が見られていい感じです。
   鹿のホットドッグや鹿鍋などがあるそうです(今回食べてません。)
   宿泊は1人一泊2食付き1万円、素泊まり3500円とかあれば便利なんだが。

 〇仙頭大橋
   橋梁高242mに架かる橋。
   物部川や対岸の仙頭集落との景観が素敵です。

 〇三谷ミート香北店
   知る人ぞ知る、手羽先唐揚げの名店。
   香北町のアンパンマンミュージアムから高知市方面へ車で10分程度の所にあります。
   高知県内には、ほか2カ所あり。
   香北店は、建物は古いが味は確か。
   手羽先やチューリップ等、1㎏単位で大体1,400円位で売ってます。
   ちょっと店員の愛想がそっけないのが難点か。

≪ゴミ回収コーナー≫
 登山道に落ちていたゴミは無し。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン