YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

ご来光と影羊蹄

masazyさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:春夏秋冬…自然の織り成す風景、山に秘められた歴史と文化に興味があります。以前はコースタイムと競うように登った時期もありましたが…。百名山が登れたらいいなあと遠い夢を見ています。写真は白馬岳でのブロッケン現象。
  • 活動エリア:
  • 性別:
  • 生まれ年:1949
  • 出身地:
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

羊蹄山(蝦夷富士)・尻別岳

2015/06/27(土) 08:09

 更新

ご来光と影羊蹄

公開

活動情報

活動時期

2015/06/25(木) 08:30

2015/06/26(金) 12:26

アクセス:287人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 5,484m / 累積標高下り 5,496m
活動時間27:56
活動距離20.96km
高低差1,692m

写真

動画

道具リスト

文章

秀麗な形で一度はと…遠い憧れを抱いていたが、マッサンの北海道編で印象深く余市の工場見学とセットで計画。倶知安から比羅夫コースの登山口バス停からスタート。両脇は小豆の植え付けが始まるなど北海道らしい雰囲気一杯、避難小屋泊の為、水2.5lもあり重くなったザック だが足取りは快調。半月湖脇を経由し登山口へ、樹林を眺めながら二合目へ、風穴には氷が見えたが風量が少なく冷たさは感じなかった。三合目位から傾斜が段々大きくなった。火山の特徴か七合目から傾斜も増し特に八合から九合目は苦しかった。9合目付近から雪渓が現れ、高山植物にも癒される。頂上との分岐点から雪渓を渡り約15分で小屋、頂上へは明日の楽しみに!避難小屋では平日にも関わらず約50名位 の大賑わい。シュラフと毛布を借りたがシュラフは要らない程。翌朝3時出発、段々明るくなり4時4分、オレンジ色の太陽が徐々に昇って…いつ見ても感動!! 山頂からは雲海を下の方に見、青空も見え、絶好の日和。大釜を右回りに、西側では待望の影羊蹄のおまけ付き♪小屋に戻り、余韻に浸り朝食。水場で雪融け水を調達し、真狩下山コースへ。チシマアオイ、ハクサンフウロ等が真っ盛り。長い下山路で指先が痛くなる。羊蹄山は百名山だけに地元だけでなく関東、九州の大分、宮崎、鹿児島の方とも会った。いずれも登り慣れた方たちで、会話は随分と参考になりました。麓には湧水が勢いよく噴出し渇いた喉を十分癒してくれた。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン