YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

はじめまして伊吹山 曇り時々雨 山頂どしゃぶり

なかさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:山に向かうようになって3年。山に行く目的が少しずつ変化している気がしています。今は、ピークを目指すだけではなく、山の匂いを感じ、可憐な草花に出会い、木漏れ日の下から空を仰ぐことを、至福の喜びに感じています。今年も元気に山に向かいたいと思います。
  • 活動エリア:群馬, 長野, 埼玉
  • 性別:女性
  • 生まれ年:公開しない
  • 出身地:秋田
  • 経験年数:5年未満
  • レベル:
  • その他 その他

伊吹山・御座峰

2015/07/02(木) 12:37

 更新

はじめまして伊吹山 曇り時々雨 山頂どしゃぶり

公開

活動情報

活動時期

2015/06/27(土) 08:07

2015/06/27(土) 14:39

アクセス:530人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,276m / 累積標高下り 1,344m
活動時間6:32
活動距離10.39km
高低差1,156m
カロリー2403kcal

写真

動画

道具リスト

文章

雨の降りしきる埼玉の自宅を午前2時過ぎに出発して伊吹山へ。圏央道、中央道を経ての長旅。雨が次第に止んで来て、シメシメ・・と思ったそばからまた降り出し・・の連続で全く雲行きの読めない日でした。予想の曇りをひたすら信じ(半分今日は諦めよう・・の思いも秘め)伊吹山到着。呼び込みのおじさんの誘いを受け200円(激安)駐車場に車を止めいざ出発。
昨日の雨の影響で下はぬかるんでいて、とても滑る。最新の注意を払いながら(なんせ、この泥の中に転びたくはないので・・)一歩一歩前へ。1合目2合目まで思った以上に長~く感じました。3合目あたりまではまだ眺望あり。振り向けば琵琶湖とその対岸までを見ることも可能でした。琵琶湖ってめちゃ、おっきぃ・・を実感。その後です。まずは霧雨。視界がきかない。5メートル先も見えず、先行きの見えないことは苦行であることを再認識した次第です。まるで修行僧になったみたい。先は見えず、雨は強まり、足元は覚束なく・・3重苦4重苦が押し寄せてきてただただ山頂を目指し喘ぎながら進むのみ・・
山頂へ着いたと思った途端に雨がバケツをひっくり返したように・・運がいいのか悪いのか・・山頂の山小屋のおじさんが「中に入って休みなさい、注文はいいよ、ごみさえ持ち帰ってもらえばいいんだから・・」と優しく声を掛けてくださいました。好意に甘え、中へ・・中は避難した登山者でいっぱい。本当に助かりました。山を愛する人たちはみな心優しい人ばかりですね。お蕎麦とカレーをいただき、用意してきた紫蘇ジュースで乾杯し、下山に備えます。雨が止んだのを確認して、おじさんにお礼を伝え早々と出立。下りも時折雨が降り、さらにびしょびしょになった山道に足を掬われ、たじたじでした。しかしながら、下山中、これから山頂を目指す人と結構な人数すれ違いました。こんな天気でも・・と伊吹山の人気ぶりにびっくり。確かにたくさんのお花で賑わいを見せる山は魅力的です。
結局、細心の注意を払っていたにも関わらず、泥の中でするっと一回。おニューのレインウエァを泥色にしてしまいました。駐車場に着いた時は雨足が強くなり、またまた駐車場のおじさんのご厚意に甘え、どろどろになったシューズを洗い、傘をお借りし、着替えをさせていただきました。みなさんの優しさに感謝・・の山行きになりました。
P.S.翌日の3時ごろに奈良を出たのですが、交通事情もあり帰りは中央道、長野道、関越道で帰ることに。途中、恵那山、南アルプスの山々、空木岳、木曽駒、北アルプスの山並みなどなど、うっとりと眺めながらの帰途になりました。(運転をしていた主人があんまり山に見惚れるのでちょっと怖い・・何度、声掛けしたことか・・)夕日に沈んでいく山もまた格別。山、最高です。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン