YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

Morning glow of Mt. Taisen.

とっさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:福岡
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1964
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

久住山(九重)・大船山・星生山

2015/06/29(月) 12:03

 更新

Morning glow of Mt. Taisen.

公開

活動情報

活動時期

2015/06/28(日) 01:09

2015/06/28(日) 09:33

アクセス:788人

タグ

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,298m / 累積標高下り 1,294m
活動時間8:24
活動距離11.33km
高低差941m

写真

動画

道具リスト

文章

前夜の酒はそこそこでやめ、日付が変わる前に出発です。

今回は、雲海が見れたらいいなあ、ということで大船山へ朝駆けです。

午前1時頃、男池駐車場到着。ささっと準備して出発です。
当然ながら真っ暗の森の中。
もののけの気配を感じますが、意外と怖くない森です。

転ばないようにゆっくり行きます。
ソババッケを通過し、大戸越方面へ。
地味な上りを汗たらたらで登り大戸越にたどり着きます。

見上げるとびっしり星!
これは撮らんといかん、とカメラ構えると、サーッとガスが。
あっという間に真っ白の世界へ。
今日は星の期待はしてなかったのでいいや。

ここからまず北大船山へ。
ミヤマキリシマのトンネルをくぐり、雨露に濡れた新緑に容赦なく服を濡らされ
気温は下がり、かなり寒いです。
雨具を着用し保温しながら登ります。
頭上がひらけて、東の空を見るとすでに紫がかっています。
そして、眼下には一面の雲海。
大朝焼け期待大です。

そして、北大船山到着。
すごいことになってます。
今まで見た朝焼けの中で間違いなく最高!
いい具合に雲と調和し焼けまくり!
振り返ると雲海に浮かぶ三俣山、久住の山々。

最高のタイミングで来てしまいました。同行の朝駆け大好きさんも感動中です。

大船山まで足を延ばし再び絶景を堪能。
そして風裏にまわり軽く朝食。

ここまで一人の登山者とも合わず。
坊ガツルでテン泊した方々、もったいなかったですねえ。

対岸の中岳方面で1個のライトが光ってましたが、後にひでやんさんと判明。
妙に納得でした^^

下山は段原から風穴方面へ。
この付近はいまだにミヤマキリシマがたくさん残っており、なんか得した気分でした。
米窪の周囲を半周し裏からの大船山を眺めつつ、超狭い道をちっちゃい虫がぶんぶん舞うなか、風穴への急下りを降りていきます。

風穴からはいつもの緑と酸素堪能コースです。
よりいっそう緑は濃くなり湿度上昇により苔きのこ類たちも大繁殖。
まったりと森林浴を楽しみ下山完了です。

帰りは長湯温泉で汗をながし、森の中のカフェで余韻に浸り
帰路につきました。

おしまい


コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン