YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

山野九州男さん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:福岡県在住、50半ばで脊柱管狭窄症を患い100メーターも歩けなかった日々が
    数年、少し調子が良くなり、子供の頃に父親に連れられ登った久住山にどうしても登りたくて
    その登山が(足先が常時痺れてますが)病みつきなり現在にいたってます。少し負荷掛けたが
    いいのかもと思ってます
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1953
  • 出身地:
  • 経験年数:5年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

古処山・屏山・馬見山

2015/06/29(月) 23:21

 更新

公開

活動情報

活動時期

2015/06/28(日) 08:23

2015/06/28(日) 12:42

アクセス:179人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,358m / 累積標高下り 1,421m
活動時間4:19
活動距離7.56km
高低差437m

写真

動画

道具リスト

文章

鈍よりした天気、だけど今日は福岡の予報は0%。
慢心の思いをこめ5合目駐車場をあとにする。計画では(僻山・馬見山・古処山)の折り返し。
登り始めからスベスベ。まーぁ、この時期すべるんですは当たりまえか。
注意しながら、三度ほど沢を渡り8合目付近の水舟(今日は水が入ってるです)分岐を右折
天然記念物だという、柘植の原生林の中を歩いていると、今日は100パーセント晴れのはずだが
なぜか、ぽっりぽっりと雨音がしてしずくが落ちてくる。
きっと、昨日の雨が木の葉や木枝に残っていたのが落ちてきたのだろう位に思い、霞みのかかった
幻想的な林の中へ。いまにも何か出そう。そこは人気の古処路、であうのは足の着いた登山者だけ.
しばらく歩くとたくさんの苔むした石灰岩の塊になんか入ってないか見るが分らない。
祇園山だったら鎖サンゴ、アンモナイトと思いながらも落ちてる石を足で返し裏側も確認し先に進む。
僻山頂上に到着、写真撮影のみで馬見山に向かう尾根道は雲の中。
風が強く横殴りの雨に本日の計画中止。
古処山へむかう途中皮肉にもお日様が顔をだした。古処山頂上で昼ごはんとしばらく休憩し無事に下山
し駐車場到着。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン