YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

神秘の白神岳

masazyさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:春夏秋冬…自然の織り成す風景、山に秘められた歴史と文化に興味があります。以前はコースタイムと競うように登った時期もありましたが…。百名山が登れたらいいなあと遠い夢を見ています。写真は白馬岳でのブロッケン現象。
  • 活動エリア:
  • 性別:
  • 生まれ年:1949
  • 出身地:
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

白神岳・蟶山・大峰岳・崩山

2015/07/03(金) 10:09

 更新

神秘の白神岳

公開

活動情報

活動時期

2015/07/02(木) 06:25

2015/07/02(木) 17:10

アクセス:235人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 6,952m / 累積標高下り 6,964m
活動時間10:45
活動距離17.59km
高低差1,064m

写真

動画

道具リスト

文章

何も見えなかった白神岳…しかし、最後にご褒美を!! 曇午後から晴れ間に期待し6時半スタート。登山口ではアカショウビンの声を送迎のご主人が教えてくれ、手付かずの自然の豊かさに期待。煙霧の中、やがて海からの風が強くなり時折雨粒も落ちてくる。マテ山を過ぎ、急登から高山植物が現れ、分岐点からはなだらかな高原状態、山頂に10:30着。しかし、眺望は全くない。周囲の山並みも見えない。下山には早そうなので、下りは十二湖コースを選択。(宿からは、そのコースは時間がかかり、滑り易いとして勧められなかった)しかし、道筋は見え、方向も北と分かる。ただし余り利用されてないようで、草が被さっている所もかなりあった。景色を楽しむことはなく、アップダウンを何度繰り返しただろうか?やっと大峰山に着く。かなり時間がかかった。ここでも何も見えず残り時間を考え、休む間もなく先へ。ここまで、十二湖から登ってくる人もいるのだろう。道がしっかりしてきた。崩山を過ぎ切れ落ちた所の側を通るが、天気が良ければ楽しめた筈だ…残念!! 登山口まで1.2km表示から登山口まで随分と長く感じた。そこで見た青池!! 静寂の中にひっそりたたずみ、底まで透き通ったブルー…。そこに森の秘められた妖精を見た。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン