YAMAP

登山・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

オオヤマレンゲに会いに八経ヶ岳 行者還トンネル西口よりピストン

しげぞうさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:50を過ぎて夫婦2人で共有できる楽しみを と始めた山登り
    最初の高い山は富士山と決めいろんな人にアドバイスを頂き トレーニングをし登りきった時の達成感はプライスレスの感動でした
    その後は2人で無理の無いように計画を立て花を求めたり絶景を求めたりと山行を楽しんでおります
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1960
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

八経ヶ岳

2015/07/04(土) 22:27

 更新
奈良

オオヤマレンゲに会いに八経ヶ岳 行者還トンネル西口よりピストン

活動情報

活動時期

2015/07/04(土) 06:33

2015/07/04(土) 14:23

アクセス:464人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間7時間50分
  • 活動距離活動距離9.71km
  • 高低差高低差814m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り1,097m / 1,097m
  • スタート06:33
  • 2時間55分
  • 弥山小屋09:28 - 09:51 (23分)
  • 1分
  • 国見八方睨09:52 - 09:53 (1分)
  • 30分
  • 八剣山10:23 - 10:54 (31分)
  • -
  • 仏経ヶ岳10:23 - 10:54 (31分)
  • -
  • 八経ヶ岳10:23 - 10:54 (31分)
  • 24分
  • 国見八方睨11:18 - 11:19 (1分)
  • -
  • 弥山小屋11:19 - 11:33 (14分)
  • 2時間50分
  • ゴール14:23
もっと見る

写真

動画

道具リスト

文章

moriさんのレポを読み 我慢が出来ずに雨覚悟で八経ヶ岳へ
遅くなると駐車場に置けなくなるおそれがあるため4時に出発 6時に到着するが意外な車の少なさに拍子抜け
ゆっくり準備をしまずは弥山を目指す 石楠花の群生地を横目に急登を登りきると 大峰奥駈道に合流 軽快な尾根道の縦走路に
弥山の山頂直下で木階段地獄を味わい弥山到着 休憩後 八経ヶ岳を目指す
途中に お目当てのオオヤマレンゲの自生地 登山道が狭いうえに皆が写真撮影の為立ち止まるため 5・6人にも関わらず渋滞が起こるが 誰一人として文句も言わず可憐な天女花に見入っていました
山頂で雨が降り出したため明星ヶ岳方面は断念し 下山
オオヤマレンゲは数は多くないけれど 存在感は抜群で「来て良かった」と正直な感想です
ただ バッチを買い忘れたので 早めに再アタックしたいです
来年の春 石楠花を見に来るのも良いかも…

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン