YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

2228っと登った至仏山!

ディスカバリーさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:
  • 性別:
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:
  • レベル:
  • その他 その他

尾瀬・燧ヶ岳

2016/01/05(火) 21:43

 更新

2228っと登った至仏山!

公開

活動情報

活動時期

2015/07/04(土) 08:00

2015/07/04(土) 16:01

アクセス:399人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,160m / 累積標高下り 1,937m
活動時間8:01
活動距離9.31km
高低差849m
カロリー3315kcal

写真

動画

道具リスト

文章

フゥ フゥ フゥ ヤッ と登った至仏山!
これは至仏山2228㍍の語呂合わせ。
前日、尾瀬ヶ原、山ノ鼻に泊まり、今日は私と女性二人の三人で7月1日に登山解禁した至仏山にアタック。
問題は雨!至仏山の山頂付近はたいへん滑りやすい蛇紋岩でできていて、乾いていても滑りやすいのに、雨なら氷の上を歩くようなもの。(ちょっとオーバー?)
小雨も時間とともに本降りとなり、至仏山荘のテレビの天気予報をチェック。
山荘の支配人も、「この雨だと、登山道は川のようになります。」との話し。一旦登り始めれば下山出来ない山ノ鼻登山道。
まぁ時間だけは十分にある。ゆっくり行けば何とかなると8時にアタック開始。
支配人の言う通り登山道は川状態。しかし登山靴まで水が入ることはなく、ヘッポコ登山隊はひたすら登ります。
登山道は木道、階段がしっかりして心配無いのですが、中腹付近の森林限界から蛇紋岩が現れ注意しながら登ります。
2000㍍を超えた辺りから雨足が強まり風も強く体温を奪います。女性二人はすっかり意気消沈。不安そうな顔色。
体温を下げない程度に休憩しつつ、雨風の至仏山頂上に到着。ばんざーいする余裕も昼食を食べる余裕もなく、下山ルートの小至仏山に向かいます。下り坂の蛇紋岩はヤバいです。女性達はお尻をつきながらも必死で蛇紋岩一つひとつをクリアしています。鳩待ち峠から登って来る登山者も多くスニーカーとデイパック程度の軽装の若者も!
山をなめんなよ❗
小至仏山を越え雪渓の残った悪沢分岐でおにぎり一つの昼食。鳩待ち峠まであと1時間ちょっとのコースタイムのところ、「あと2時間です。最終のバスに間に合うかな?」と女性達のペースを上げるためウソぶいて教えました。
お腹を満たした女性達は怖いもの知らず!のんびり登山のSさん、フルマラソンランナーのMさんもトレランのように他の登山者をごぼう抜き!
三人共ケガすることなく、鳩待ち峠に到着しました。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン