YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

秋駒(国見温泉-男女岳-男岳-ムーミン-国見)

an(アン)さん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:幼少の頃から釣り一筋で自然との対話を楽しんできましたが、2015年春渓流釣りの再開からYAMAPを知り、みんなの活動日記を見ているうち僕も山に登ってみたくなり始めました。
    元々写真が好きで、今では「写真を撮るための山行きスタイル」になっています。
    Toy's Member。岩手県大船渡市在住。
  • 活動エリア:岩手, 秋田
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1963
  • 出身地:岩手
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

秋田駒ヶ岳・烏帽子岳(乳頭山)・笹森山

2016/05/24(火) 10:12

 更新

秋駒(国見温泉-男女岳-男岳-ムーミン-国見)

公開

活動情報

活動時期

2015/07/05(日) 05:14

2015/07/05(日) 13:40

アクセス:613人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,887m / 累積標高下り 1,887m
活動時間8:26
活動距離11.50km
高低差822m
カロリー3347kcal

写真

動画

道具リスト

文章

前日、一番近くの道の駅(雫石あねっこ)で車中泊。当日は、激混みが予想されたので5時頃国見温泉登山口駐車場に着く。この時間だとまだまだ余裕でした。
登山2回目の超初心者としては、ちょっと欲張り長コースと思えたが、ゆっくりゆっくりを基本に、追い越されることはあっても追い越すことはほとんどなし(笑)。天候にも恵まれ最高のハイキングでした。

写真にはGPSデータがない(埋め込むの大変)ため、地図にはカメラアイコンが表示されません。時系列どおりに掲載しているのと、EXIF情報はそのままなので、軌跡の時間と画像EXIF(時間)をマッチさせれば撮影ポイントが分かると思います。

最初、股関節の痛みを大焼砂で覚え、耐えながらなんとか阿弥陀池まで。休憩後男女岳ピストンと阿弥陀池木橋通過中は股関節の痛みは続き、阿弥陀池の避難小屋反対側で休憩。
男岳に向かうと、股関節の痛みは無くなりちょっとペースを上げたとたん右太ももの痙攣が・・・。やばい、つりそう。と思いながら立ち止まり休憩。止まったら今度は左ももも。こりゃもうここから下山するしかないかな、、、と思っていたら、5分ほどでスーッと治った。ちょっと登り始めて、行けそうということで男岳ピークを目指す。
男岳ピークから下りでは、今度はひざに来たような違和感があったがすぐに治る。
最終、ムーミン谷を過ぎたあたりからの下りでは、ふくらはぎが痛み出し、そして足裏が張るような違和感も。足裏は靴擦れか?とも思われたが、大したことなかったのでそのまま登山口まで。

ほぼ終始下半身の痛みに耐えた8時間。厳密には6時間くらいかな(笑)。これも日頃の運動不足が原因なのだが、三か月もすれば体が慣れてくると思われる(そこまで続けられるかどうかが先だと思うが・・・)

とにかく、登山って苦しい痛い思いが多いけど、景色や花々の美しさが素晴らしい。それにプラスして人間が楽しい、やさしい、おもしろい。
他人の話に聞き耳たててみると、事前に調べることもなく、男岳を"おとこだけ"と言っていたり、ルート間違えて戻って来る人。登り始めて少しのところで写真好きの人に会い、追い越し追い越されって感じで、仕舞には逆回りで再会「またお会いしましたね」なんてことも、、、(笑)。
女性も多いし←これ重要(笑)。
「こんにちは」とあいさつすれば必ず「こんにちは」って帰ってきます。道を譲れば「ありがとう」と言われます。
当たり前のことが普通に出来る世界。気に入ったよ。

PS.
軌跡GPSデータが乱れているのを修正しました(7/7)

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン