YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

旅伏〜鰐淵寺〜鼻高山周回

つかささん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:10年未満
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

日御碕

2016/04/26(火) 09:25

 更新

旅伏〜鰐淵寺〜鼻高山周回

公開

活動情報

活動時期

2015/07/05(日) 08:43

2015/07/05(日) 15:53

アクセス:425人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,677m / 累積標高下り 1,686m
活動時間7:10
活動距離16.01km
高低差523m

写真

動画

道具リスト

文章

昨年の秋より仲間うちで作った「登山部」の活動が主体で久しくソロで山に入ってない
この日は夕方に祭りがあり、獅子舞のため体力温存と決めていたが、朝起きたら晴れ
「そうだ、山に行こう」
と登山口まで15分の出雲北山へ
とりあえず旅伏山に登ってその先のコースを決めようと登り始めたが、やけに体が重い…
足は出るけど、息が切れる
旅伏山山頂まで登ってこんなに疲れたのは久しぶりだ
「今日は下りよう」としばし休憩したら、足が勝手に縦走路へ向かう
伊努谷まで行き考えようと進むが、なんの躊躇もなく縦走路を右へ鰐淵寺へと足が動く
2年ぶりの松露谷コースは以前より荒れていた
鰐淵寺に着き休憩していたら、入山料を払えとオ◯ハンが来た
登山道整備だとか取って付けたような理由を並べての所場代の取り立てに強い憤りを感じながら遥堪峠を目指す
遥堪峠で休憩後鼻高山に足を向けると、今度は足が進まない
遥堪峠〜矢尾峠の地味にキツい滑りやすいアップダウンを、以前は無かったロープに助けられアエギながら鼻高山山頂に到着(登山道の整備をして頂いた方々にひたすら感謝です)
後は下りを残すのみ、無事に下山出来ました

登山開始の30分に問題があったのか、乳酸溜まりまくりの山歩き、久しぶりのソロで改めて自分のペースの大切さを再確認した

しかし、鰐淵寺の対応はいかがなものか
入山料を求めるなら縦走路の鰐淵寺への分岐には、鰐淵寺が大きな看板を設置するべきだと思う
有志の方が書かれた「文化財保護のため…」と入山料を徴収されるとの看板に後になって気づいたが、登山道整備の事は書かれてない

周回できる好きなコースで登山部でも歩こうと思い下見をしたが、今後は歩かないかなぁ…


コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン