YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

石鎚山(1,982) 東稜ルート(土小屋登山口)

t@kashi(ふじ)さん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:とうとう40歳の大台に。

    体力は突出してあるほうではないのでボチボチ歩いています。
    基本的に山歩き趣味は、写真趣味の延長線上から始めたような感じです。

    のんびり山歩き。
    タイムや難易度を競いあうような山行フリークではございません。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1974
  • 出身地:
  • 経験年数:10年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

石鎚山・堂ヶ森・二ノ森

2015/07/12(日) 15:31

 更新

石鎚山(1,982) 東稜ルート(土小屋登山口)

公開

活動情報

活動時期

2015/07/11(土) 07:53

2015/07/11(土) 16:04

アクセス:547人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 996m / 累積標高下り 1,003m
活動時間8:11
活動距離10.41km
高低差858m

写真

動画

道具リスト

文章

いつもと同じ土小屋からでしたが、今回は東稜ルートで回ってみました。

雨上がりということで腰の位置まである笹原ではレインウェアとゲイターが大活躍(笑。虫はずいぶんと減っていたのでそれほど気にはならず。
墓場尾根やカニの横ばい、苔むした岩々を踏むときはすべりにいつも以上に気を使ったので、そういう面ではストレスが溜まりました。
岩盤についてはザイルなどを使用することもなく、概ね特に難なく南尖峰を踏破することができました。

頂上では時折ガスに包まれることもありましたが、初夏の緑に包まれた石鎚山系はいつもにも増して見事な景観で迎えられました。

夜明峠~天柱石~十字分岐~ツナノ平分岐~土小屋は雨上がりの滑りやすさと、時々見受けれらた山道の崩れに足を止める場面が何度かあり、細心の注意を払いました。

梅雨時期ですが日中夕方までは晴天にも恵まれ、今年初めての訪れた西日本最高峰は楽しい山行となりました。


コース状況 / 危険箇所等

東稜ルートは笹こぎ足元注意、岩盤上りなどもあります。
雨上がり時はレインウェア、ゲイターが必要。

夜明峠~十字分岐~ツナノ平分岐~土小屋登山口は整備不良、崩れが若干あるので注意が必要です。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン