YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

谷川岳:一ノ倉沢ハイキング

あいさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:2016年5月に、山の近くに住みたくて横浜市→甲府市に引っ越しました。
    山に囲まれた盆地生活にウハウハしています。

    岩好きクサリ好き岩稜帯大好き。
    混雑が苦手なのと写真を撮りながらマイペースに歩くため、主に平日、単独で山に行っています。山行中のコーヒー、下山後の温泉とビールがなによりの楽しみ。
    甲斐駒ラブです。
  • 活動エリア:山梨
  • 性別:女性
  • 生まれ年:公開しない
  • 出身地:東京
  • 経験年数:10年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

谷川岳・七ツ小屋山・大源太山

2015/07/16(木) 01:31

 更新

谷川岳:一ノ倉沢ハイキング

公開

活動情報

活動時期

2015/07/12(日) 16:13

2015/07/12(日) 18:18

アクセス:337人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,466m / 累積標高下り 1,532m
活動時間2:05
活動距離10.15km
高低差247m
カロリー695kcal

写真

動画

道具リスト

文章

[群馬県:谷川岳]
土合山の家~谷川岳ロープウェイ土合口駅~マチガ沢出合~一ノ倉沢出合~(往路を戻る)~土合山の家

[マイカールート](神奈川県横浜市から)
(東名高速道路)~海老名JCT~(圏央道)~鶴ヶ島JCT~(関越道)~水上IC~一般道を20分ぐらい

谷川岳に登るため、谷川岳ベースプラザ(ロープウェイ乗り場)近くの土合山の家に前泊。
せっかくなので谷川岳が魔の山と呼ばれる由縁にもなった、一ノ倉沢を見に行きました。

自宅を出たのが昼過ぎだったため、土合山の家に着いたのが16時頃。女将さんに「今から一ノ倉沢、行けるでしょうか?」と聞くと「今すぐ出れば大丈夫!」とのお返事。慌ただしく荷物を置いて、ヘッデンだけバッグに忍ばせ猛ダッシュ早歩きにて出発。
道はずっと舗装されており、傾斜も緩やかなので、歩きやすい靴に普段着で問題ないです。

車道を歩いてベースプラザの前まで行き、そのまま一般車通行止めの舗装路沿いに1時間ほど歩くと一ノ倉沢出合に到着します。
道沿いには明日登る予定の西黒尾根や巌剛新道の登山口もあるため、下山してきた方もちらほら。

一ノ倉沢で圧巻の光景に見とれていると、ちょうど下山してきたクライマー父子の方が。聞けば、午前2時半にアプローチ開始して、13時間かけて烏帽子岩(右のほうにある長方形の岩)の左にある尖った小ピークにアタックしてきたそう。13時間連続岩登りって…想像できない世界です。。やっぱりクライマーってかっこいいなあ。
貴重なお話が聞けて、自分も明日の登山頑張ろうとテンションが上がりました!

再び早足で往路を戻り、無事日没前に土合山の家に戻れました。翌日の登山のために(いつもよりは)早めに就寝。前泊ってゆとりが持てて、時間と予算が許すなら結構良いかも。

●土合山の家
素泊まり3,500円、夕食つき6,000円、夕食と朝食弁当つき6,500円。今回は節約も兼ねて素泊まりで利用しました。
2階建てで細長いつくりの建物は収容人数100人。なお、この日は自分と女性の2人組しか泊まっておらず、夜も静かで貸し切りのような快適さで過ごせました。
風呂は男女別、流しは3台、シャンプーリンスボディーソープ完備、湯船は6人入ったらキツキツぐらいの大きさ。
トイレと洗面台は共有。洗面台は8台ほど蛇口があり、水は谷川の清水で飲用可能。トイレは洋式ウォシュレットつき!
素泊まり3,500円にしてはびっくりするぐらい快適で、正直感動しました。全室暖房完備なのでスキーシーズンにも良さそうです。

■翌日の谷川岳登山はこちら:『谷川岳:日本3大急登西黒尾根~天神尾根』
https://yamap.co.jp/activity/114919

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン