YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

槍ヶ岳 二日目 槍沢ルート

えどべりさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:2014年4月からトレッキングを始めました。
    スリリングな岩場のある山を登ることが大好きです。
    難しいルートを色々踏破してみたいです。


    【今年の秋冬でやってみたいこと】
    岩場のある山のバリエーションルート攻略‼
    雪山で北アルプス初挑戦!
    フルマラソンデビュー。

    あと最近ボルダリング始めました。
    まだまだ初心者ですが、レベルアップ目指して奮闘中?です。
  • 活動エリア:東京
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1974
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

穂高岳・槍ヶ岳・上高地

2015/07/13(月) 15:05

 更新

槍ヶ岳 二日目 槍沢ルート

公開

活動情報

活動時期

2015/07/13(月) 06:34

2015/07/13(月) 14:27

アクセス:240人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,415m / 累積標高下り 4,004m
活動時間7:53
活動距離22.39km
高低差1,603m
カロリー3927kcal

写真

動画

道具リスト

文章

昨日は快晴の下、無事槍ヶ岳登頂を果たしましたが、二日目の今日は、朝食を食べながらふと外を見ると、強烈にガスがかかっている上に、突風までが吹き荒れています。
外に出て見ると、雨も強く厄介なことに。
視界ゼロの突風の中、急斜面な雪渓地帯を無事降りられる自信がなかったんで、しばらく出発を見合せることに。

しばらくしてまた外に出てみると、ようやく西の空が晴れ渡ってきました。
これなら行けそうと、30分遅れで出発。

殺生ヒユッテの分岐点まで来ると、また昨日のように晴れてきました。
その後は昨日同様、急斜面の氷河のような雪渓地帯を下ります。
かかとから慎重に着地して、ゆっくり下りました。
大きなクレパスがあったので、大股で跨いで着地したら、何とそこは雪が溶けかかった場所でした。
ズブズブっと体が埋もれていき、体の半分近くが雪に埋もれた時点でようやく止まりました。
いやぁ焦った…
生命の危機を感じました。汗

その後は特に問題もなく、無事下山。
下山口近くに立ち寄り湯があったので、ゆっくり汗を流しました。

今回の槍ヶ岳【日本アルプスデビュー】ですが、岩場対策は入念にしていたので、特に問題もなく、スムーズに槍の穂先に登れましたが、雪対策は全く想定していなかったので、かなりの困難を強いられました。
氷河のような雪渓地帯なんてあるとは思っていなかったんで…
2000mクラスの山と3000mクラスの山の違いを、身をもって体験出来ました。

今年の冬は雪山講習会にでも参加して、もっと勉強したいと思います。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン