YAMAP

登山・アウトドアの新定番

ゲストさん

ホーム

槍ヶ岳 二日目 槍沢ルート

えどべりさん

  • マイスター  マスター
  • 自己紹介:2014年4月から登山を始めました。
    スリリングな岩場のある山が大好きですが、最近ではトレランスタイルでの山行も増えております。
    軽い装備でのスピードハイクも楽しいですね!
    試行錯誤しながら、脚力・技術力を上げて行きたいです。

    【百名山】30
    鳥海山、月山、飯豊山、安達太良山、那須岳
    平ヶ岳、谷川岳、妙高山、火打山
    日光白根山、武尊山、赤城山、筑波山
    両神山、雲取山、金峰山、瑞牆山、大菩薩嶺、丹沢山、富士山
    剱岳、立山、槍ヶ岳、穂高岳、焼岳
    美ヶ原、八ヶ岳、空木岳
    甲斐駒ヶ岳、鳳凰山
    ※特に目指してる訳ではないんですが、備忘録として記載しています。
  • ユーザーID:62240
    性別:男性
    生まれ年:1974
    活動エリア:東京
    出身地:
    経験年数:5年未満
    レベル:公開しない
  • その他 その他

穂高岳・槍ヶ岳・上高地

2015/07/13(月) 15:05

 更新
長野, 富山, 岐阜

槍ヶ岳 二日目 槍沢ルート

活動情報

活動時期

2015/07/13(月) 06:34

2015/07/13(月) 14:27

ブックマークに追加

アクセス

303人

文章

昨日は快晴の下、無事槍ヶ岳登頂を果たしましたが、二日目の今日は、朝食を食べながらふと外を見ると、強烈にガスがかかっている上に、突風までが吹き荒れています。
外に出て見ると、雨も強く厄介なことに。
視界ゼロの突風の中、急斜面な雪渓地帯を無事降りられる自信がなかったんで、しばらく出発を見合せることに。

しばらくしてまた外に出てみると、ようやく西の空が晴れ渡ってきました。
これなら行けそうと、30分遅れで出発。

殺生ヒユッテの分岐点まで来ると、また昨日のように晴れてきました。
その後は昨日同様、急斜面の氷河のような雪渓地帯を下ります。
かかとから慎重に着地して、ゆっくり下りました。
大きなクレパスがあったので、大股で跨いで着地したら、何とそこは雪が溶けかかった場所でした。
ズブズブっと体が埋もれていき、体の半分近くが雪に埋もれた時点でようやく止まりました。
いやぁ焦った…
生命の危機を感じました。汗

その後は特に問題もなく、無事下山。
下山口近くに立ち寄り湯があったので、ゆっくり汗を流しました。

今回の槍ヶ岳【日本アルプスデビュー】ですが、岩場対策は入念にしていたので、特に問題もなく、スムーズに槍の穂先に登れましたが、雪対策は全く想定していなかったので、かなりの困難を強いられました。
氷河のような雪渓地帯なんてあるとは思っていなかったんで…
2000mクラスの山と3000mクラスの山の違いを、身をもって体験出来ました。

今年の冬は雪山講習会にでも参加して、もっと勉強したいと思います。

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間7時間53分
  • 活動距離活動距離22.39km
  • 高低差高低差1,603m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り2,415m / 4,004m
  • スタート06:34
  • -
  • 槍岳山荘06:34 - 06:39 (5分)
  • 48分
  • 坊主岩小屋07:27 - 07:32 (5分)
  • 1時間30分
  • 赤沢岩小屋09:02 - 09:04 (2分)
  • 8分
  • 槍沢ロッヂ09:12 - 09:33 (21分)
  • 56分
  • 横尾山荘10:29 - 10:52 (23分)
  • 2分
  • 営林署避難小屋10:54 - 10:54 (0分)
  • 3時間33分
  • ゴール14:27
もっと見る

写真

動画

道具リスト

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン