YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

御在所岳 1,212m

doctorheadさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:北海道からの単身赴任も一年が過ぎ、関西の山もだいぶ登ってきました。あとどれだけいるかわかりませんが、後悔ないよういっぱい登ろうと思ってます。
    プロフィール写真の、娘が作ってくれた山の切り絵は、私の心の励みです♪
  • 活動エリア:北海道, 滋賀, 奈良
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1974
  • 出身地:奈良
  • 経験年数:5年未満
  • レベル:中級者
  • その他 その他

御在所岳(御在所山)・雨乞岳

2015/07/14(火) 08:23

 更新

御在所岳 1,212m

公開

活動情報

活動時期

2015/07/13(月) 09:01

2015/07/13(月) 14:40

アクセス:287人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,179m / 累積標高下り 1,154m
活動時間5:39
活動距離7.77km
高低差671m
カロリー2728kcal

写真

動画

道具リスト

文章

今日も猛暑日の京都を脱出し、きっと涼しいだろう御在所岳へ、部下と2人で早朝レンタカーで向かいます。

晴れの予報に反して、御在所岳の中道駐車場に着くとガス。ちょっと雨もパラついてました。いろいろ道間違いもあって着いたのは9時前でしたが駐車場も余裕で停められました。

中道からスタート。
涼しいと思ってたけど、登り始めると、いきなりの急登。湿度100%で汗が滴り落ちてきます。
ルートは雨で濡れてますが、花崗岩のため、ドロドロしてません。でも濡れた岩は滑るので注意が必要です。

程なく地蔵岩へ。ホントにどうしてどんな形になったの?って思いつつ、この辺りの岩場で休憩しながら遊びます。

さあ、残り半分。頑張っていきますが、この後も岩場の急登が続きます。クサリもあったりと、楽しみながら登ります。
気づくと気温も下がって来て、過ごしやすい気候に。

地蔵岩から一時間弱で富士見岩に到着しましたが、ガスで富士山どころか麓さえ見えませんでした。

そこからは一気に人工物が増える山頂へ。ロープウェイ乗り場などを経由し、スキー場を登り、山頂の一等三角点へ。
着くと同時に、お待ちしてましたとばかりにガスが晴れていきます。
山頂からの絶景、雲が流れていく飽きない景色をしばらく眺めて体を休めます。

その後、山頂レストランでカレーうどん、いただきました。伊勢うどんに角煮の入った、とても美味しいカレーうどんでパワー充填。

帰りは裏道をくだります。
スゴイ土石流の後を右に眺めつつ下っていくと、クライマーのメッカの藤内壁。こんなところ登るなんて、クライマーってスゴイですね。
その後、水場で頭を冷やしてから、大きな河原のルートを藤内小屋へと向かいます。

藤内小屋から湯の山温泉にむかう途中で、中道に合流するルート表記が現れました。もともと行く予定でないルートだし、ヤマップの地図にもなくて不安はありましたが、きっとショートカットできそうなので、行ってみることに。
不明瞭なルートを赤テープを頼りに再び登り返すことに。
途中で大きな野犬?が現れ、ヤバっ!となりましたが、向こうが逃げて行ってくれました。

なんとか中道の3合目に合流。ちょっとドキドキのショートカットでしたが、時間的には30分近く早く、中道登山口に戻ることができました。

よし、これでゆっくり温泉入れます。ということで、四日市方面のアクアイグニスというところへ。
温泉とカフェ、レストラン、パン屋などが揃った、いちいちオシャレな感じの施設でしたが、キレイでいいお湯でした。
湯上りにソフトクリームをいただき、帰路に。
レンタカー返却時間の6時までは2時間。ギリギリです。ゆっくりしすぎました。
頑張ってかっ飛ばして京都駅のレンタカー屋さんに着いたのは5時59分。ギリギリセーフでした。

着いた時には、東の空に虹がかかり、無事、時間通りの到着をお祝いしてくれているようでした(笑)

暑い京都からは想像できない天気でしたが、楽しい休日を過ごすことができました♪


コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン