YAMAP

あたらしい山をつくろう。

ゲストさん

ホーム

古処山・屏山(遊人の杜より)

コヨーテさん

  • マイスター  マスター
  • 自己紹介:ホームページ コヨーテの山歩き http://www.coyo-te.sakura.ne.jp/
    ブログ コヨーテの山日記 http://coyotehana.exblog.jp/i0/
  • ユーザーID:406643
    性別:男性
    生まれ年:1964
    活動エリア:福岡, 佐賀, 大分
    出身地:福岡
    経験年数:10年以上
    レベル:公開しない
  • その他 その他
古処山・屏山・馬見山・江川岳

2017/09/04(月) 21:50

 更新
福岡

古処山・屏山(遊人の杜より)

活動情報

活動時期

2017/09/03(日) 09:07

2017/09/03(日) 12:41

ブックマークに追加

アクセス

863人

文章

毎年この時期は秋月にある食事処「だんご庵」に行くのを楽しみにしている。
今回も午前中に古処山へ登り、お昼は「だんご庵」で食べるつもりで出掛けた。
お昼には下山する予定でしたので歩行時間を短縮!秋月側の5合目からのスタートとする。
ところが、5合目駐車場へと通じる国道沿いにある林道起点では、なんと「前面通行止」の案内板がたっているではないか~!
これは困った。
(あとで、山頂にいた人の話を聞いて見ると、5合目には何台か車は止めてあったと聞くが…)

そういえば…YAMAPのレポで反対側の嘉麻市側から登ってるルートがあった。
そんなに歩行時間も掛からず山頂へと登れたと思う。
なれば…と言うことで、そのまま国道を進み、八丁峠を越え、嘉麻市にある遊人の杜キャンプ場へと向かう。
難なく遊人の杜キャンプ場に到着し、準備してスタート。
登山口から入ってすぐに「古処山」と「奥ノ院」のルートの分岐に出合う。
どちらも山頂へ行けるルートなので、せっかく来たんだから欲張って
上りに「古処山」下りに「奥ノ院」のルートを使ってみることにした。

「古処山」のルートは正直、楽勝コース。道もよく整備されてて問題ない、
最初は杉の植林帯の中を上がっていき、上部の方にはいつの間にかヒノキの植林帯へと変わっていた。
難なく稜線に上がることが出来、そのまま縦走して山頂まで行くことが出来た。

難なく1時間で山頂に着いてしまい、時間はまだ10時と早かったので、
まだ行ったことない屏山へ足を伸ばしてみる。
山頂から向こうは未踏の道!わくわく。
縦走路では木々からの木漏れ日が見られ、ここ数日涼しくなったお蔭もあり何とも気持ち良いルートであった。

屏山登頂。
初めて来たが展望は良が良く、ベンチもあり、気持ちの良い山頂だ。
この先縦走路は馬見山へと続く。いつかは行ってみたいものです。
暫し休憩したのち再び縦走路を奥ノ院の方まで戻る。

地図では奥ノ院付近からキャンプ場へ下る道が載っているが…何処だろう。
縦走路上で「奥ノ院・大将隠し・千手」の案内板があり、ここから下る道がGPSと同じようであるので
ここを下ってみることに。
ところがこの道は、な、な、難路だ~
大岩がゴロゴロするとこを進み、挙げ句には岩場を鎖場で下る。
下る時に足が滑って落ちたら、岩と岩の間に落ちてしまいそう~

そういえば、先ほどポンちゃんさんとバッタリ会いましたが、
その時に奥ノ院から下ると言ったら、一緒にいた方が驚いてたっけ。
ポンちゃんさんが「コヨーテさんなら大丈夫よ」と言ってた意味が、やっとここで分かった。
行きの登りとは凄く対象的でホントにこの道でいいのか不安にもなる。
でもGPSで見るが…やっぱりこの道のようだ。
岩場の鎖場は3か所あり、落ちないように慎重に下る。
最後の鎖場を過ぎると道は変わり、枝尾根の下り道になる。
ここまで来たら安心。
やがて朝分かれた分岐に出合い、無事駐車場まで戻る。

下山後はお約束の「だんご庵」
ヤマメの塩焼きや葛きりを頂きました。

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間3時間24分
  • 活動距離活動距離10.41km
  • 高低差高低差475m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り1,506m / 1,561m
  • スタート09:07
  • 57分
  • 古処山10:04 - 10:29 (25分)
  • 37分
  • 屏山11:06 - 11:20 (14分)
  • 1時間21分
  • ゴール12:41
もっと見る

写真

動画

道具リスト

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン