YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

奥多摩:鴨沢~七つ石山~鷹巣避難小屋(1泊)~鷹巣山~六つ石山~奥多摩駅

skさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1961
  • 出身地:
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:中級者
  • その他 その他

雲取山・鷹ノ巣山(鷹巣山)・六ツ石山

2015/07/22(水) 22:43

 更新

奥多摩:鴨沢~七つ石山~鷹巣避難小屋(1泊)~鷹巣山~六つ石山~奥多摩駅

公開

活動情報

活動時期

2015/07/18(土) 09:19

2015/07/19(日) 11:08

アクセス:249人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 3,196m / 累積標高下り 3,378m
活動時間25:49
活動距離24.44km
高低差1,452m

写真

動画

道具リスト

文章

■コースタイム
【一日目】[鴨沢]09:25 - 09:55[小袖乗換]10:00 - 11:35[堂所]11:55 - 12:45[七つ石小屋]12:50 - 13:15[七つ石山]13:25 - 13:50[千本ツツジ]13:55 - 14:45[鷹ノ巣山避難小屋]
【二日目】[鷹ノ巣山避難小屋]06:30 - 06:55[鷹ノ巣山]07:05 - 07:25[水根山]07:25 - 08:40[六つ石山]08:50 - 09:20[三ノ木木戸山]09:20 - 11:10[奥多摩駅]

■ルート状況
台風一過の快晴を期待して計画したのですが、1日目は朝から曇りとなり、夕方から雨という天気でした。
でも2日目は、気持ちいい快晴となり、楽しい尾根歩きを楽しむことができましたが、標高が下がるにつれ暑さとの戦いとなりました。

[一日目:曇り]
三連休の初日ということで、激混みを想像していたのですが、天気の影響なのか、「思ったより混んでいないな。」といった印象を受けました。でも、増発のバスが運行される混雑ぶりでした。
登山口の鴨沢バス停に着いたときは、カッパを着るほどではありませんが、ぱらぱらと雨が降っていたので、念の為、ザックカバーを着けて歩き出しましたが、ほどなく雨は上がりました。
鴨沢~堂所までは、淡々とした上りが続きます。堂所~七つ石小屋では、ちょっときつい上りが出てきます。
七つ石小屋~七つ石山までは、尾根道に出るまで約20分の急登。
七つ石山~鷹ノ巣避難小屋までは、一部道が細くなったりして、注意して通るところがありますが、歩きやすい道が続きます。
なお、高丸山/日陰名栗山は、頂上直下の下りが滑り落ちそうな急な下りの為、歩きたくなかったので迷わず巻道をとりました。
避難小屋に着く前から、ぱらぱらと雨が降り出し、水汲みが終わりコーヒーを飲みだした16:00前から本降りの雨になりました。
今回は、三連休ということで、避難小屋の混雑を予想しテントを持っていたのですが、この日の避難小屋の宿泊者は自分一人という結果になり、ゆったりとした静かな夜をすごくことができました。

[二日目:晴れ]
歩き終わりまで天気に恵まれ、楽しい山行となったのですが、標高が下がるにつれ、気温が上がり、歩き終わるころは熱中症になるのではと心配になりました。
避難小屋~鷹ノ巣山までは、いきなりの急登です。ゆっくりしたペースで歩き出します。途中、雲取山方面や富士山が、木々の間から展望することができます。
頂上からは、東~南~西方向の展望があり、遠く南アルプまで見ることができます。
鷹ノ巣山からは、防火帯の尾根の気持ちいい道が続きます。
途中尾根をそれ右に直角に曲がり急坂を下りますが、ここの下りが、今回のルートで一番緊張する場所になります。
ほんの数十メートルの下りですが、急坂と木の根で、滑らないよう注意が必要です。
その後は、六つ石山まで歩きやすい道が続きます。
六つ石山から奥多摩駅までは、下りになります。途中、急坂やなだらかな下りが出てきますが、とにかくひたすら下ります。
長い下りとなるので、早め早めの休憩をとり、太ももを休めながら下ります。

今回、下り終わり、林道に出る直前に出会った登山者のパーティに、「下の山村で熊の目撃があって、猟友会の方たちが見回りをしてた。」と教えていただきました。「熊よけの鈴を持ってて良かった!」

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン