YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

前穂高岳・ゆきゆきて退軍

noyaさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:群馬をホームに主に写真目的で登ってます。
    ビギナー真っ盛りです。

    https://www.flickr.com/photos/noya-ausari/
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1980
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

穂高岳・槍ヶ岳・上高地

2015/07/25(土) 00:06

 更新

前穂高岳・ゆきゆきて退軍

公開

活動情報

活動時期

2015/07/20(月) 05:32

2015/07/20(月) 16:15

アクセス:151人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,769m / 累積標高下り 1,751m
活動時間10:43
活動距離11.25km
高低差1,597m

写真

動画

道具リスト

文章

まーた撤退ですよ、何度目だ。
どうにも計画が甘いんだな、激甘。
初の3,000m級ってことで舞い上がってたのも否めんが危険だった。

本来の予定:上高地→前穂高→奥穂高→穂高岳山荘でテント泊→行けたら西穂高、ダメなら同じルートで帰る
これが現実…!:上高地→前穂高(死)→上高地

登山はじめて約1年だけど初めてバテというものを体験した。
(理由としては前日の夜勤で28時間職場にいたこと、それからひと眠りしたとはいえ長野までの運転でも疲れた)
意思に関係なく体が動かんのな、
休んで回復したと思ってもすぐダメになる。

岳沢小屋を越えたあたりで兆候が出始め、
足は上がらないわ、つまづくわ、アミノバイタル顆粒は喉に絡むわで大変だった。
ちょっと進んでは休みを繰り返すものの目指すは遥か頂上、のさらに向こう側。
「このまま時間内に行けるのだろうか」
「撤退も視野に」
「いやいやせっかくアルプスまで来てるのだから行かなければ」
「ひょんなこと の ひょん って何?」…頭の中でグルグルと意見が交わされる。
そして

あ…ありのまま その時 起こった事を話すぜ!
「前穂高はあきらめて分岐点の紀美子平に来たら奥穂高に向かおう、と思ったら前穂高の頂上にいた」
な… 何を言っているのか わからねーと思うが
俺も 何があったのか わからなかった…

頂上で心折れ、撤退を決意。
嗚呼、テント、マット、シュラフ、夜間タイムラプス用の三脚等、色々な荷物が本当の「お荷物」になってしまった。
……あれ、こいつらなくして山荘に泊まれば行けたのでは?

まぁとりあえず
・前日の疲れをなるべく残さないこと
・今まで無視してきたけど荷物の軽量化を図ること
この辺を反省点にして、またチャレンジします。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン