YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

燕岳  北ア ソロデビュー!!! (JUL/23~25 / 2015)

*カタリーナさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:2013秋 ダンスのために体幹と脚力を強化しようと始めた山行。最初はトレーニングのつもりがどっぷりはまっちゃいました

    2014 10月 紅葉の涸沢カールに行って来ました。素晴らしかった~!!
    2014 熊野古道中辺路歩きました。熊野本宮大社お詣りでひと段落
       速玉大社、那智大社はまたいずれ行くことにします
    2015 7月燕岳登りました
        アルプスソロデビューです♪ 


    普段は六甲山系、妙見山など近場の山をのんびりと。。。
    最近、比良山系に目覚めました
    山頂を目指すというより、鳥や生き物、お花などを楽しみながら山歩きを楽しみたい派です
  • 活動エリア:
  • 性別:女性
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳

2015/07/28(火) 10:15

 更新

燕岳  北ア ソロデビュー!!! (JUL/23~25 / 2015)

公開

活動情報

活動時期

2015/07/24(金) 06:34

2015/07/25(土) 09:44

アクセス:372人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,645m / 累積標高下り 1,566m
活動時間27:10
活動距離10.25km
高低差1,374m

写真

動画

道具リスト

文章

ずっとずっと登りたかった燕岳
ツアーも検討しましたがソロで行くことに。。。
8:00出発梅田から高速バスで6時間弱 松本まで
JR松本~穂高駅  
穂高~中房温泉行乗合バスで有明荘前下車 16:00前だったかな?チェックイン

トロトロのアルカリ泉のお風呂に入って17:00夕食
豪華でしょう? バラエティに富んだメニューで味付けもとてもよい ほんとにおいしかった
穂高地ビール800円
バスを降りたころから雨が降りだしずっと雨
川のそばなもので流れの音がとても大きく、やはり少し緊張しているのかなかなか眠れなかった

明けて24日(金)
スタッフに聞くとお天気はぐずぐずしてますね~
燕山荘着くころにはよくなるでしょう

有明荘から登山口までは車道坂道を15分ほど上ったとこ
すでに汗かきまくり
カッパ 暑い! いらんね!霧雨程度だし、、、
ほとんどの人がここで脱いでました

いざ出発!6:55

ゆっくりゆっくりマイペースで粛々と登る
足元悪いし道幅も狭い(降りてくる人とはすれ違えない)
適宜水分摂りながら進む
しんどくなったころに第一ベンチ
ここに載せてないけど、珍しいお花やきのこなど見つけるたびに写真撮るのでなかなか進まないのです(笑)

ちょうどいい頃合いにベンチがきます
第二ベンチ、第三ベンチ、富士見ベンチ
富士見ベンチ過ぎるとちょっと長いかな?

かなりの発汗で全身ぐちょぐちょ
まだかな~まだかな~と思ってると
上のほうで  オツカレサマデシタ~~♪ と若い女性のさわやかな声

着いた!! 合戦小屋だ!!
スイカやスイカやスイカ持ってこ~~い!!!
夢にまで見た(笑)スイカです
一切れ(八分の一)食べれるかどうかと思ったけどペロッ
(この半分サイズにしてもらうと500円)
塩をふりかけて(普段はしないけど)水分、塩分、糖分 三兄弟全部とれます
そしてキンキンに冷えてるぅぅぅ
スイカがこんなにおいしいと思ったことあったでしょうか?
命のスイカです

合戦小屋は標高2350m
もうすぐ森林限界なので高度順応するためにもここで少しゆっくりしてください と
燕山荘のHPに書いてありましたのでぶらぶらすることに
しかし関西人多いな~
撮影してくれたおっちゃん(どこか聞いてないけど関西弁)、話しかけてきてくれたおばちゃんは滋賀県から
六甲におるみたい(笑)

さ、ここからが正念場 合戦尾根が待ってます
日本三大急登らしいから心して出発
ん、、、ん、、、そこそこ登りきついけど肩書きつけるほどかい?
鎖場を過ぎ、急な階段を登れば・・・・燕山荘がぁぁぁ!
見えました!
不覚にもこみ上げるものがありました!

12:15 受付してもらってお部屋へ。。。
予約をしていたので別館へ(どなたかのブログで読みました)
上段 3枚の敷布団に4個の枕
(のちに4人そろうことになるのだが、1人体調不良で併設の順天堂大学夏山診療所で泊まることになり結局一人一枚の布団で寝ました^^)

部屋割りは到着順。それに準じて夕食もその順番
この日は金曜日にもかかわらずかなりの混み具合で夕食は4回転とのことでした
17:00の班で17:30には終わってくださいね~と
2班は17:50からですから食器下げて配膳してを20分でこなさないといけませんね
いったい何人のスタッフが働いているんだろう?

お~っとその前に
アタックザック背負って燕岳山頂へ
小屋から往復1時間のところにあります
途中、イルカ岩やメガネ岩、コマクサ群落、チシマギキョウやトリカブトなどの高山植物を愛でる
あ~ここにようやった来たんだな~ とひとり感慨にふけっておりました
稜線上はかなり風が強く、オーナーのお話では冬でも雪が積もらないとか
冬のつばくろはかなり厳しいですね。特にテン泊は、、、

おいしい食事が終わるころ、オーナーのお話しと名物アルペンホルン演奏
貴重なお話し聞きました
自然は自然のままにということ、人間が勝手に山に入らせてもらってるということ、動物との共存、、、
山を愛する者の端くれとしてもう一度心に刻みました
ホルンの演奏はなかなかものですよ~~あんな長い楽器、持ち運べませんからね
そうそう聞く機会はないと思います。 ハイジになった気分^^

同室のソロの方とお話が弾み(なんと大阪の方でした)早速山友に
連絡先交換です 嬉しい~~
疲れたので20:30就寝 
と思いきや、ウシガエル一匹 それもものすごい大きいやつ
下から モォ~~ン モォ~~ン よう響く
一応耳栓持って来たけどもうザックから撮りだすのめんどくさいからぇぇわ
途中で止まって(笑)何秒も止まって(笑)今度はそっちが気になって寝られへんやん!!(笑)
たのむわ~おっさん!

夜中1時ごろだったか、、、
トイレの前でお子さんが倒れてます お父さんいらっしゃいますかぁ?
とスタッフの声で目が覚めた
どうもお腹が痛いらしい、、、
慣れない場所で体調崩しちゃったかな?

3時ごろ、たぶんそのウシガエルと思しきおっさんがまた大きな声で話だし、、、
すっかり目が覚めました
ゴロゴロしてて4時に完全ウェークアップ!
日の出を見に外へ
あいにく分厚い雲でご来光は拝めなかったけど
富士山や南アルプスがシルエットで浮かび上がりそれはそれは素晴らしい景色を堪能しました
90度右に目をやれば、昨日は見え隠れしていた槍さまの全容が!
大天井の小屋も見えます
感動的な朝を迎えました  ほんとに素晴らしい  来てよかった
スケールの大きさとこの空気感は写真では伝わらない、、、

朝食は3回に分かれてたけど自由なので5:15の班で
6:30にチェックアウト
早速お友達になったRちゃんと一緒に下山
この日は25日(土)
上がってくる人多数でなかなか進まない(一応登り優先だからね)

9:45無事下山
中房登山口すぐ脇にある立ち寄り入浴へ
至福のひととき、、、
ぷは~~の生ビール、チキンカレーをいただいて12:35のバスに乗り穂高駅へ
穂高~松本  そして松本~高速バスで一路大阪へ
家に着いたのは21:15ごろでした

もう数日経ってるのにまだ夢の中
日本一の山小屋に泊まれて最高の景色を堪能して幸せ至極な2015夏なのでありました
長文読んでいただきありがとうございました
(燕山荘~山頂~燕山荘の記録は撮り忘れ)

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン