YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

いざ、黒岳へ

hiro-eさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:町の体協登山クラブに所属しています。主に九州の山を中心に山行中です。このサイトを通じていろいろな情報交換が出来ればと思っています。宜しくお願いします。
  • 活動エリア:公開しない
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1963
  • 出身地:熊本
  • 経験年数:10年未満
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

久住山(九重)・大船山・星生山

2015/07/25(土) 22:34

 更新

いざ、黒岳へ

公開

活動情報

活動時期

2015/07/25(土) 07:53

2015/07/25(土) 13:02

アクセス:224人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,714m / 累積標高下り 2,732m
活動時間5:09
活動距離11.34km
高低差744m
カロリー2131kcal

写真

動画

道具リスト

文章

久住山系で、唯一登ってなかった黒岳へ、初挑戦しました。今回は、男池から、ソババッケ、風穴を経て黒岳主峰の高塚山を目指しました。男池からソババッケの途中で、テープを見逃し、ちょっとした道迷いに遭遇、やはり、単独の場合は、油断は禁物、きっちりテープを目安に登ることにしました。ソババッケまでは、平治や大船山へのルートと同じですが、風穴側への登山道は始めて、地形図では、平坦に見える道ですが、苔むした岩で足場が悪く、ペース上がらずやや苦戦、それでも、バッケから風穴まで40分程度で到着、問題は、此処からの高塚への最後の登り…、情報どおり、急登でしかも滑りやすい地形の為、思った以上に苦戦、おまけに、展望は、中途までほぼゼロ…((+_+))、頂上近くで、やっとの展望、高塚山は、360度とはいきませんが、日和が良く、大船山、黒岳前岳の稜線、三俣山、遠くに祖母山、由布岳が雲にかかりながらも、くっきり見えました。高塚まで来たので、天狗岩までは、20分程、ここも、頂上直下で、岩岩岩の連続、しかしながら、展望は、◎、皆さんも是非お立ち寄りください。
全体的に、足場が不安定で、高低差・総距離以上に疲労感があります。また、天候が悪い時等、テープを見逃さないよう、細心の注意が必要だと思います。お目当てのキツネノカミソリは、男池近くのみ確認出来ました。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン