YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

鳥海山(象潟口登山道〜吹浦口登山道下山)その①

こえりさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:福島県出身、宮城県在住です。
    生まれて初めて登ったのは、安達太良山です。
  • 活動エリア:宮城
  • 性別:女性
  • 生まれ年:公開しない
  • 出身地:
  • 経験年数:
  • レベル:
  • その他 その他

鳥海山・荒神ヶ岳・七高山

2016/07/05(火) 08:31

 更新

鳥海山(象潟口登山道〜吹浦口登山道下山)その①

公開

活動情報

活動時期

2015/07/25(土) 12:02

2015/07/25(土) 14:36

アクセス:197人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 650m / 累積標高下り 107m
活動時間2:34
活動距離3.40km
高低差553m
カロリー1082kcal

写真

動画

道具リスト

文章

「花の鳥海山」への山旅

12:03 鉾立登山口スタート
13:35 賽の河原
14:20 御浜小屋着(宿泊)

小雨模様の中、7時に仙台を出てきました。
霧雨のスタートになるのがわかったので、昼食を手前の道の駅で済ませて登山を開始しました。
奈曽渓谷や白糸の滝などもガスで見えません。
かわりに、ツルアリドオシやイワカガミなど、可愛らしい花が迎えてくれました。

チョウカイアザミに初対面。みんな歓声をあげました。
なんとも言えない存在感です。

早めの夕食をいただき、20時就寝です。

〜〜〜〜メモ〜〜〜〜
心配だった小屋泊、ご飯が美味しく、大盛りでしたが完食してしまいました。おでんも熱々でとても美味しかったです。
食後のお茶もいただけます。

寝具は薄めのと厚めの毛布を2枚。足りなければもう1枚借りられます。
私は薄めの毛布を縦折りにして、マット代わりにしました。
掛け毛布は2枚使いました。

トイレは外にあり、小雨ですから小屋にあるゴム長靴、レインウエアを着て行きます。灯りはないので、夜間だとヘッドライトで、重たい玄関の扉をガタガタ開けるのか、と思いましたが誰も夜中には出ませんでした。

大きめの部屋には、カーテンで狭い更衣室にできるようにしてありましたが、そこにも毛布を敷き詰めました。男女17名のツアーですが、男女同室です。

あと、洗面所がありません‼️
ペットボトル片手に外で顔を拭いたりしました。

(その②に続きます)

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン