YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

2015-23(くじゅう14)坊がつる

しげじーさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:大分, 福岡, 熊本
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1951
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

久住山(九重)・大船山・星生山

2015/07/27(月) 21:29

 更新

2015-23(くじゅう14)坊がつる

公開

活動情報

活動時期

2015/07/25(土) 07:06

2015/07/25(土) 17:11

アクセス:223人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,957m / 累積標高下り 2,976m
活動時間10:05
活動距離14.77km
高低差495m
カロリー4714kcal

写真

動画

道具リスト

文章

2015/07/25 長者原0715→0925スガモリ越0940→1005遭難慰霊碑→1100法華院温泉山荘1148→法華院観音堂、五輪の塔、白水寺跡散策1223→1245坊がつる1325→1510雨ヶ池→1710長者原

4週間ぶりの山行、膝が不安なのと猛暑考えて、ゆっくりと坊がつるへと向かうことにした。
長者原から花を眺めながらスガモリ越へ。
愛の鐘を鳴らし、北千里ヶ浜へ下る。久住別れ方向に進み、7人の二十歳の若者の遭難慰霊碑にお参りし、法華院温泉山荘へと向かう。
北千里の外れに来たとき、突然脚がつる、しかも両足ときた。速攻元気を飲み暫し立ち休み。ごまかしながら法華院温泉へとゆっくりと進む。
すぐ途中の斜面の様子が少し変化している?知っている風景と何となく違う。と、岩が崩壊したような形跡が。やはりこの場所は恐い!
なんとか着いた法華院温泉山荘で休憩室をおかりし、喉を潤し、昼食。ここでも脚のつりがひどく、立って食事。しばらくして10名程の団体さんがみえたので場所をあけて出立。
法華院観音堂、五輪の塔にお参りし、白水寺跡をしばらくうろうろし、坊がつるへ。このうろうろがよかったか?脚のつりもそれほど気にならなくなった。
坊がつるのテントは少ない。もっとも今はまだお昼時であり、これから増えるのだろう。
それにしても、暑い!熱中症防止に水場の陰で小休憩し、雨ヶ池へと向かう。
登路が木立の中に入ると、涼しい!ホッとする。脚のつりと熱中症を警戒しゆっくりと歩き、雨ヶ池経由で写真撮りながら長者原に帰着したのが17時過ぎ。
いつもの温泉で汗を流して帰路についたが、1ヶ月のブランクと猛暑が堪えた山行だった。やはりこの時期は朝駆け午前中下山がいい!

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン