YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

坂本バス停~八丁峠~両神山~日向大谷バス停

すみちゃんさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:2013年に、富士山🗻のトレーニングとして武甲山に登ってから、少しずつ山の魅力にはまってます。
    武甲山、伊豆ケ岳など、西武秩父線をメインに活動してます。
  • 活動エリア:埼玉, 東京
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1966
  • 出身地:長崎
  • 経験年数:5年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

両神山・父不見山・南天山

2015/07/26(日) 08:53

 更新

坂本バス停~八丁峠~両神山~日向大谷バス停

公開

活動情報

活動時期

2015/07/25(土) 08:27

2015/07/25(土) 16:46

アクセス:198人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 3,251m / 累積標高下り 3,121m
活動時間8:19
活動距離14.34km
高低差1,247m
カロリー5163kcal

写真

動画

道具リスト

文章

今日は、はじめての両神山です。
坂本ルートから二人で登ります。
登山道が不明瞭と書かれていて、少し心配ですが😅

07時00分西武秩父駅から西武バスで出発。小鹿野車庫行きのバスで、手前の小鹿野町役場で乗り換えて、坂本バス停には、08時10分過ぎに到着。他に登山客はいません。
坂本バス停のすぐ後ろにトイレがあります。懐かしい和式の汲み取り式です。

車道をしばらく登って行くと、立派な登山口の看板があり、左に入ります。
しばらくは、昼なお暗い森の中の道を進みます。
1~2キロ程進み、川沿いに出ると、いきなり道がなくなります。川の左岸に登山道があるはずですが、斜面が崩れていてルートがわかりません。
周りをよく見ると、対岸にピンクのリボンを発見し、沢を渡ります。
同じように何度も沢渡りを繰り返します。
登山道も倒木が多く歩き難いです。
ピンクのリボン、赤や黄色のビニールテープの目印に助けられ、なんとかルートを確認できました。川沿いを離れた後も、細く険しい道が続きます。地図に不明瞭と書かれているのも納得です。
晴天で時間も早く、二人でルートを確認しながら進みましたので、問題ありませんでしたが、はじめての方が単独で行くのは、止めた方が良いでしょう。

八丁峠に到着した後は、ご存じの鎖場が多いルートで、気温も高く、大汗をかきながらの登山でした。

日向大谷に到着する手前の登りは、下山モードの体には、堪えました😅

日向大谷のバス停の端っこにある沢の水で顔を洗ったのが、最高に気持ち良かった~

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン