YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

島根から石鎚山へ

ノドクサリさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:地元(島根)の低山を徘徊しております。
    ホームは出雲北山

    ノドクサリ(ネズミゴチ)砂地でよく釣れる外道の名、触るとヌメリ,異臭が手に着き、嫌われる魚ですが、他魚と同様、一つの命という意味をこめて。
    2014年の夏頃近所の山を歩き出し、秋からYamapを開始。

    魚釣りに20年以上没頭しておりましたが、子供の成長など家庭の用事には逆らえず、ついに深夜の釣りしかできなくなる。悶々とした日々を送っていたが、健康診断ではメタボの診断を受け、運動の為、近所をトボトボと散歩する。ウォーキングを近所の人に見られるのが恥ずかしく、山道を歩くようになった。目標となる山頂へやっと到達するだけだったのが、少し体力がつき、様々な脇道,マニアック道に興味がわいてくる。

    ずーっとソロで獣道のような所を歩いていたが、ある日、子供たちが歩きやすいようにと、整備されている人と出会う。それ以来、リュックには、「赤テープ,ノコギリ,鎌,ゴミ袋」を常備しており、整備を兼ねた登山をするようになった。自然豊かな山は、多様な生物の居住地でもありますので、なるべく手を加えず、人が歩ける最低限の道だけ確保させてくださいと山へ向かって言う。近くの山は保守的に、遠征先では自由気ままに歩きます。
    山の中で、よく「整備の方ですか?」と聞かれますが、私は、ただの登山者です。登山者は多かれ少なかれ、みんな整備の人だと言いたい。下へ転げ落ちそうな石があれば道端へ避け、トゲのツルが垂れ下がっていたら、除けておく。道を間違えれば、後続の人が同じ目に遭わないようにテープなどで印を付けておく。山道は荒れない程度に少しずつ整備し続けるのが良い。

    次の世代を担う子供たちに、自分で山道を歩いて何かを感じていただきたい。山は管理された施設ではないので、危険だ!何かあったらどうする?などと問われがちですが、多少の怪我はしても良いではないか。人だけでなく、動植物までも思いやる人になってほしい。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1965
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

石鎚山・堂ヶ森・二ノ森

2015/07/26(日) 18:07

 更新

島根から石鎚山へ

公開

活動情報

活動時期

2015/07/26(日) 05:39

2015/07/26(日) 11:59

アクセス:443人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 3,483m / 累積標高下り 3,489m
活動時間6:20
活動距離16.61km
高低差1,561m

写真

動画

道具リスト

文章

土曜日の午前中、地元の祭りの準備が終わってから、何と、1日半も私にフリータイムが出たのだ。
釣りに行くにも、全く準備していないし、潮周りも悪い。記念に有名な山へ行こうと思った。
「行程」
土曜日 : 午後、現地までの移動&下見。
夜 : 車中泊。
日曜日 : 登山後と帰宅

えらくおおざっぱな計画だ。
現地に夕方到着、駐車場代金¥1000(2日分)払い、一旦下山し、夕食とビールを購入。
0時以降は涼しくなり、何とか眠れた。
5時半過ぎに登山開始、いきなりロープウェイを使うより、歩いて登ろうと思った。
登山口の看板に、「分岐が多く、一人での登山は道に迷うから、ご遠慮ください」とあったが、3回も道に迷い、GPSを頼りに道を探すまで、かなり体力を消耗してしまった。
山頂が近づくと、階段が多くなり、きつかった。
山頂だけ、台風が来ていた。やっぱり、高い山だと感じた。
11:30頃、下山できた。12:30に、現地を出発し、16:30に帰宅。
片道(4時間)日帰りは無理っぽいですね。

*------------ 追 記 ------------*
先ほど(27日夜)、Webで検索して初めて知ったのですが、昨年、同じルートでやはり道に迷い、
悲しい出来事があった事。何か起きれば、必ず人に助けてもらわなければならない事、痛感します。
思い起こせば、幾つかの沢があちこちから流れて合流しておりますので、方向的に間違えやすい。
いくつもの小山が重なり合っており、一方向を目指して進むべき目印がないこと。
V字の谷,巨岩を交わしてうまく作られた道は、言い換えれば一歩道を外れれば、危険個所。
1番目に間違えたのは、川を渡った後の上り道が流されており、見つからず他へ歩き出したこと。
2番目は、同じような草のない砂利交じりの平地で道だと思って、歩くルートが変わってしまったこと。
3番目は、夜明峠へ向かい急傾斜をジグザグに登っていたが、笹が茂っており、方向転換している道を
見失ったこと。
どれも思い起こせば、あり得る間違いです。間違えるたびに、手持ちの地形図と登山道のルート,YAMAP
のGPSで現在地とのずれを確認しながら修正しました。道を一歩外せば、不安定な体勢、膝を一杯に曲げた
重心の移動、木の枝をかわすなど、知らない内に体力を消耗します。
迷いのスタート地点と来た方向を見失っていなかったので、平静を保てておりましたが、最初の間違えの時は、あと10分、分からなければ元来た橋を渡って戻ろうと思ったぐらいでした。
もう一度ここへ来れたならば・・・、やはり同じ道を歩くか、ロープウェイの旧道を選択すると思います。
その時は、迷いやすい場所に標識か、最低限、本線を外さないようにテープなどの目印を付けようと思います。反省になっていないかもしれませんが、無理やり作られた道より、先人が苦労して作った道を歩きたいから。
この出来事を心に刻みます。黙とう。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン