YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

憧れの黒戸尾根

ねこ1号さん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:山歴は20数年。
    以前は高山中心でしたが、最近はアクセスのいい低山でのトレイルランニング、スピードトレッキングにはまってます。
    とはいえ陸上、長距離経験は皆無、しかも大柄な体でどう考えてもトレラン向きではないのですが…頑張ってます。
    レースにはあまり興味はなく、どちらかというと登山よりの考えです。

    コンセプトは、
    早く登って早く降りれば、温泉入って美味いもん食べて夕方には帰れる!

    猿投山、明神山、宇連山、鈴鹿山脈あたりによく出没します。
    夏場は八ヶ岳、南アがメインになります。


    毎年GWは西表島へ遊びに行きます。
    西表島は…山です。
    ジャングルトレッキングは西表島ならではの楽しみです。全身で西表島の自然を感じられます。
    ガイドは、カラカラさんにお世話になってます。
    http://www.iriomotekarakara.com/
    豊富な知識で西表島の遊びをサポートしてくれます。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1969
  • 出身地:
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

北岳・間ノ岳

2015/07/26(日) 22:08

 更新

憧れの黒戸尾根

公開

活動情報

活動時期

2015/07/26(日) 04:36

2015/07/26(日) 13:38

アクセス:475人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 8,852m / 累積標高下り 8,865m
活動時間9:02
活動距離25.11km
高低差2,211m
カロリー5304kcal

写真

動画

道具リスト

文章

甲斐駒ヶ岳、黒戸尾根。
日本三大バカ尾根の筆頭に挙げられるこのルート。登る人もさぞかし「バカ」なのだろう、と、そのバカさ加減憧れていたものです。
なぜだか、突然バカになれる日がやってきました。
ぽっかり空いた日曜日。17:00までに帰宅しなければならないという条件つきだが、他にメンバーがいないのも気兼ねなく行けるということ。
よし、いくぞ!
けどなんと前日夜は送別会。
ちゃんと顔出して、22:30、白州へ向けて出発。
駐車場到着は2:00頃。
でもすでにかなりの車が停まってました。
5:00前に出発するということで、4:00に目覚まし。もちろん、寝れません。楽しみで?(笑)
しかし後々それが最大の後悔に…

とにかくこのコース、
辛いです。苦しいです。
樹林帯を2,200mまで高度をあげるのですが、その時点で標高差1,500m。
単独では心が折れます…

そんな中、同時間帯に登ってらトレラングループの存在が心強かった。

しかし2,200mくらいになると寝不足の影響が顕著に…いつも同じようなスケジュールて登山してるのだが、よく考えたら2,200m地点、つまり標高差1,500m、普段ならこれで登りは終わり。今回はさらに700mのぼらにゃならん…そりゃ疲れもでますわ。
眠気でだるくなった体をつり始めた脚でなんとか山頂へ。
そこには今までの苦労が報われる最高の風景が待ってました。
登りは予定より1時間オーバー。
まぁ、遊んでたり寝てたりしたしね。
さて、山頂での憩いもつかの間。
17:00までに帰宅するには下山に残された時間は3時間強しかありません。
ガンガンペースをあげて降りるのですが、これまた刃渡りのあたりで猛烈な眠気と渇きに襲われました。
標高を下げて、気温が上がってきたせいもありますが、もしかして熱中症?
とりあえず停まってすこし寝ることに。
17:00に家に帰るには可能ならば13:00に下山。最悪14:00がリミット。
この1時間のマージンを使おう…
と、しばらく目を閉じていたら後方からトレラングループが!
よし、引いてもらおう。
って訳で、刃渡りから高速ダウンヒル大会!
皆速い速い。さすがだわ…
おかけで予定より早く下山でき、水浴びタイムも確保!この瞬間がご褒美なのです。

今回自分は単独だったのですが、仲間の存在の重要性を再認識しました。

しかしこの黒戸尾根を2時間15分で登るバケモノがいた…実は登りでついて行こうと無理して、脚つったのさ(笑)

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン