YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

金山

KOYANAGI117さん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:福岡県内の山に登っています。たまに県外に出ます。
    インドアーは囲碁7級。落語聴きます。
  • 活動エリア:福岡
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1971
  • 出身地:
  • 経験年数:5年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

脊振山

2014/06/02(月) 08:15

 更新

金山

公開

活動情報

活動時期

2014/06/01(日) 05:25

2014/06/01(日) 06:46

アクセス:406人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 690m / 累積標高下り 262m
活動時間1:21
活動距離7.11km
高低差432m

写真

動画

道具リスト

文章

三瀬峠金山登山口  5:25(スタート)
金山山頂      6:45
休憩(5分)
三瀬峠登山口    7:50


三瀬峠を起点に井原山・金山(共に九州百名山)に行くことが出来るのは知っていたが、まだいずれの山にも登っていない。ならば、一回で両山を片付けようか、などと目論見、三瀬峠へ向かう。
三瀬有料トンネルを通らず、旧道を行くと峠を登り切った辺りに数台分の駐車スペースがあり、駐車スペース側に井原山登山口、道を挟んだ向かいに金山登山口が位置する。

どちらから登るか?まずは人気なさげな金山から登ることに。早速、そこそこの傾斜が待っていたが、まだ登り始め。体力の心配はない。いつものように、ただただ登る。ソロなので、自分のペースで行くことが出来る。

三瀬峠から金山(967m)を目指すのは、ちょっとズルい気がしていたが、侮ることなかれ、適度なアップダウンがあり、思ったほどには楽ではなかった。いつも思うが、せっかく登ったのに、下りが待っていると損した気分になる。と同時に、帰りにはこれを登るのかという・・・な気持ちに。

山頂への登山道は比較的分かり易く、不安箇所も、あたりを見渡せば目印(木に塗られていた赤ペンキは薄くなっていた)があったので、無事に山頂に辿りつくことが出来た。
時計を見ると6時45分。三瀬峠から1時間20分。帰りは1時間を見ておけばよいから、金山は2時間30分で片付くことになる。意外と早い。
では、当初の目論見通り、井原山へ行くのか?(どうする?どうする?と心の声)

気持ちが揺らぐ・・なぜか一旦保留。んー、今回は止めておこう(何で?)
適当な言い訳を自分にして、そして、今度は金山から脊振山まで往復しようなどと、いつするのか?できるのか?自分でも分からない計画を立てて帰ることとした。

今回、ずっとメマトイ(虫)がその名の通り、目にまとわり付いてきて本当にうっとうしかった。また、意外に枯落葉が多く、滑らないように気をつける必要があった登山だった。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン