YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

木曽駒ヶ岳2日目(頂上山荘~山頂〜遭難碑(聖職の碑)~千畳敷カール)

roosterさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介: 山歩きを始めて1年が過ぎました。単独行もしくは、カミさんと2人での山歩きが中心です。時には、出張ついで(?)に出先の山々に登らせていただくこともあります。高さや名前に関係なく、自分が登って楽しい山に、たくさん出会いたいと思います。
  • 活動エリア:長野, 岐阜, 愛知
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1966
  • 出身地:愛知
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

木曽駒ヶ岳・空木岳・将棊頭山

2015/07/28(火) 11:24

 更新

木曽駒ヶ岳2日目(頂上山荘~山頂〜遭難碑(聖職の碑)~千畳敷カール)

公開

活動情報

活動時期

2015/07/26(日) 06:29

2015/07/26(日) 13:48

アクセス:683人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,279m / 累積標高下り 1,523m
活動時間7:19
活動距離7.81km
高低差344m
カロリー3364kcal

写真

動画

道具リスト

文章

頂上山荘に宿泊しての2日目。4時半頃に起きてご来光を拝み、朝食をいただいて6:30に出発。木曽駒ヶ岳に登頂し、将棊頭山方面に伸びる尾根を縦走、馬の背から2つのピークを通過し、濃ヶ池を眼下に聖職の碑まで歩きました。昨日同様晴れ渡り、尾根から360度の大パノラマが広がって最高の山行となりました。
稜線を歩けば木曽側から冷涼な風が吹き渡り、火照った身体を一気に冷ましてくれます。
なお眼下に臨む濃ヶ池はなぜか水量が極端に少なくなっていて、まるで水溜りのようになっていました。ガイドさんにお聞きしましたが首を傾げておられました…。
新田次郎さんの小説「聖職の碑」で知られる遭難碑は、大正2年、11名が亡くなった高等小学校の山岳遭難事故現場に立つ碑。未来を断たれた子どもたちの無念と、子どもを守りつつ亡くなった校長先生に想いを馳せ、合掌して参りました。
帰りは来た道を戻り、馬の背からトラバースして頂上山荘へ。美味しくお昼をいただいてから中岳を超え、千畳敷カールへと下山しました。
帰りのロープウェイは2時間待ち! ソフトクリームもソールドアウトの大盛況でした。
下山後はバス乗り場すぐ近くの駒ヶ根高原家族旅行村、露天こぶしの湯に立ち寄りました。露天から南アを眺めつつの温泉、これまた最高でした!

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン