YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

栗駒山(須川温泉→天馬尾根コース→秣岳→須川湖)

an(アン)さん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:幼少の頃から釣り一筋で自然との対話を楽しんできましたが、2015年春渓流釣りの再開からYAMAPを知り、みんなの活動日記を見ているうち僕も山に登ってみたくなり始めました。
    元々写真が好きで、今では「写真を撮るための山行きスタイル」になっています。
    Toy's Member。岩手県大船渡市在住。
  • 活動エリア:岩手, 秋田
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1963
  • 出身地:岩手
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

栗駒山(須川岳)・秣岳・虚空蔵山

2015/07/27(月) 10:31

 更新

栗駒山(須川温泉→天馬尾根コース→秣岳→須川湖)

公開

活動情報

活動時期

2015/07/26(日) 06:17

2015/07/26(日) 14:25

アクセス:668人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,574m / 累積標高下り 2,598m
活動時間8:08
活動距離13.98km
高低差623m
カロリー3228kcal

写真

動画

道具リスト

文章

前夜、須川高原温泉駐車場の隅で車中泊。
トイレ情報。
事前にトイレの情報を得ておらず、ヤマップの地図にあるか確認したら記載なし。WEBでGoogle、Yahoo地図を見るが記載なし。
須川湖キャンプ場入口に公衆トイレ(水洗)があった。翌日、須川高原温泉向かいの須川ビジターセンター敷地内の駐車場奥に水洗トイレあり。また、今回のルート上には、昭和湖トイレの表示はあるが、現在冬季閉鎖中の看板があり使用不可である。

コース情報。
この日の一関市の最高気温は34.6℃の真夏日。避暑を目的とした今回の山行と考えれば最高の日だった。特に、天馬尾根の草原を吹き渡る風はまるで別世界。標高1500mあたりから上の爆風とは打って変わって、天然のクーラーそのもの。
加えて、天馬尾根コースを通る人はほとんどおらず、種類は少ないもののお花畑を独り占めできた。

秣岳から降りる登山道は、木の階段もあることはあるが、そのほとんどは刈り払いしただけの道。完璧に整備された道と違い、歩く面白さもある。しかし、急登であり、展望も一部のみ。最後は飽きた。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン