YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

赤岳1/2日目

ゆっけさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:2014年9月に登山デビュー。2016年2月に雪山デビュー。
    縦走、テント泊が大好きです‼️
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1987
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

八ヶ岳

2015/07/26(日) 18:37

 更新

赤岳1/2日目

公開

活動情報

活動時期

2015/07/25(土) 05:02

2015/07/25(土) 16:01

アクセス:141人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,999m / 累積標高下り 1,142m
活動時間10:59
活動距離14.04km
高低差1,339m

写真

動画

道具リスト

文章

地下鉄東西線の竹橋駅から出る夜行バスで美濃戸口まで移動し、登り始めました。
初日は行者小屋で早目にテントを張り、山頂付近をぐるっと一周したかったので、美濃戸山荘まで歩き、南沢を登りました。美濃戸山荘までは舗装道路を歩くので、単調でつまらない登りです。南沢から行者小屋までは川沿いを歩くことになり、涼しげな音を聞きながらの登山です。急な登りもなく、歩き始めにはいい道です。
早い時間に行者小屋に着けたので、ゆっくり朝食をとり、荷物を置いて地蔵の頭に向かいます。急な登りが続きますが、登山してるなという充実感を味わえます。上は風が強いですが、富士山も見え、景色はとてもよかったです。
ここから横岳を目指します。クサリや短いハシゴも出てきて、テンションが上がります☆横岳まではいくつかのピークを踏みました。きつい道はありません。景色は相変わらずいいです^_^
横岳から硫黄岳までは一度下ってからの登りで、きつい道はありません。硫黄岳は土の色が違うので、目で楽しみながら向かいます。
硫黄岳からの景色は、今来た道が見えたり、赤岳がよく見えたりします。頂上は広く、休んでいる方が多くいました。
硫黄岳から赤岳鉱泉までは下りで、サクサク行けます。赤岳鉱泉ではスイカを買い、夏を感じました。ここから行者小屋までは長くないので、もってきたキュウリの浅漬けとビールで一杯やり、充実感に浸りました(笑)ちなみに、トイレはかなりキレイでしたので、ここはオススメです。
赤岳鉱泉から行者小屋までは、酔っていたこともありゆっくりペース。最後の方にある展望台に立ち寄り、赤岳と阿弥陀岳をパシャり。ここは電波が入り、電話をしているおじさんがいました。
活動時間が長いわりに、疲れない、いいコースだと思いました。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン