YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

赤岳2/2日目

ゆっけさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:2014年9月に登山デビュー。2016年2月に雪山デビュー。
    縦走、テント泊が大好きです‼️
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1987
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

八ヶ岳

2015/07/26(日) 18:38

 更新

赤岳2/2日目

公開

活動情報

活動時期

2015/07/26(日) 02:57

2015/07/26(日) 13:57

アクセス:162人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,061m / 累積標高下り 1,879m
活動時間11:00
活動距離9.69km
高低差1,362m

写真

動画

道具リスト

文章

2日目は赤岳で日の出を見たかったので、2時に起き、3時に出発しました。時間帯の問題なのか、月がなく、星がたくさん見えました。
行者小屋から赤岳までは急登が続きますが、階段やハシゴが整備され、登りやすいと思います。途中からは岩を登るようになり、クサリの補助がありますが、風も強く、足場はありますが時間がかかりました。4:30頃に到着し、無事に日の出を拝めました。この日も天気が良く、富士山はもちろん、槍ヶ岳なども見え、テンションは最高潮‼️しかし、山頂は強風で、かなり寒いです。みなさん、レインウェアやダウンを着ていました。風の当たらない場所で朝食をとり、キレット小屋へ向かいます。
ここからの下りは、個人的にはかなりキツイと思いました。コースタイムが70分のところ、2時間近くかかったと思います。ガレていて足場がうまく確保できなかったことと、強風で体がふられたことが原因です。ただ、足場がないわけではないので、サクサク下りている方もいました。
キレット小屋に着いた頃には、慎重に下りたせいで精神的に疲れていました。ここからの権現岳は辛かったです。ただ、登りにくいところはありません。山頂に至る最後のところで、とても長いハシゴを登ります。ネットで調べたところ、61段もあるようです。休まずに登れましたが、登った後は太ももが熱く、腕も疲れ、体力も消耗していました。疲れて登ったからか、ここから見る赤岳は好きでした。
権現岳から青年小屋まではクサリを使いつつ下ります。きつい道はありません。青年小屋で水の補給に行きましたが、歩いて5分は嘘だと思いました。でも、水は冷たくて、疲れた体を癒してくれました。
計画では、ここから編笠山を経由して降りる予定でしたが、登る元気がなく、巻道でおりました。この後の道はサクサク下りれます。
総合して、今回の登山は足場がしっかりしており登りやすいルートでしたが、体力不足の私には、下りがこたえました。天気に恵まれ、景色を存分に楽しめたので、リフレッシュできる休日となりました。
(ここからは余談)
観音平から小淵沢駅まで歩く予定でしたが、青年小屋で話したご夫婦と、押手川、雲海でも一緒になり、お話をしたところ、駅まで送ってくださるとのこと‼️かなり疲れていたので、お言葉に甘え、お願いすることにしました。見ず知らずの人を車に乗せてくださるなんて、本当に感謝です。名前も知らないですが、本当にありがとうございます。この場を借りて、お礼申し上げます。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン