YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

初、空沼岳

玉咲遥香さん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:小学生の頃(20年近く前です)に空手の合宿で利尻山の夜間登山をしました。あの山にもう一度登るのが当面の目標です。まずは体力作りとダイエットから。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1984
  • 出身地:
  • 経験年数:1年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

札幌岳・余市岳・砥石山

2015/07/28(火) 07:31

 更新

初、空沼岳

公開

活動情報

活動時期

2015/07/27(月) 06:46

2015/07/27(月) 15:28

アクセス:260人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,470m / 累積標高下り 1,466m
活動時間8:42
活動距離15.49km
高低差896m

写真

動画

道具リスト

文章

空沼に登ってきました。

全体的な印象としては、急登がほとんどなく緩やかな登りが延々続く。その代わり距離は長い。道は悪くないですが途中数カ所、飛び石や丸太で河を渡るところとか、登山道が崩れかけてるような所もあるので靴はちゃんとしたもので。山頂までおおまかに深いヤブ→林道→深いヤブって感じで、頂上まで展望は全く無く、途中大きな沼が2つあるところで気分的には少しリフレッシュできますがそれでもちょっと退屈な感は拭えない。頂上の展望は悪くなかったです。詳細は以下。

登山口がいきなり岩がゴロゴロした河原でいかにも山に来た!って気分になります。入山者名簿に名前と下山予定を書いてスタート。前半は河の流れる豪快な音を聞きながらヤブや林道を進みます。札幌は、前日と前々日に結構な雨が降ったせいか、地面の状態はあまり良くなく、あちこちぬかるんでいてあっという間に靴もパンツも泥だらけに。

2時間ほどで山荘のある万計沼に到着します。周囲は草地になっていて、沼のほとりに立派な山小屋があります。先行していたご年配のグループの記念撮影を承って、そこからさらに1時間ほど歩くと今度は真簾(マミス)沼があります。直径がさっきの万計沼の倍くらいあるデカい沼で、結構感動します。こちらの沼は登山道側は岩場になっています。ここまで3時間ほど歩いていますので岩に座ってしばし休憩。空沼岳の頂上まではあと1時間くらいです。真簾沼を過ぎると再び深いヤブ道を歩いて行きます。山頂直前に札幌岳の縦走ルートの分岐があります。

頂上に着くと、360度緑のパノラマ。札幌岳、無意根山、恵庭岳など札幌近郊の1000m峰が並んでいます。羊蹄山も思ったより近くに見えます(この日は残念ながら上の方雲がかかっていて全貌は見えませんでしたが)

思う存分景色を堪能して昼食を取ってから下山。今年に入って登った中で一番距離も高度もある山だったので結構脚に来てまして、下りもペースを出せず登りとほぼ同じくらい時間かかってしまいました。終わってみると活動時間なんと8時間40分!(休憩コミ)かなりキツいな~と思った手稲山で6時間強だったのでこれは驚きました。我ながらよく歩いたなぁと。慢性的に足の裏が痛いのなんとかしたい…

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン