YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

赤石・聖・上河内岳縦走 2日目 百間洞山の家~聖平小屋

(´ω`)さん YAMAP Meister Silver

  • YAMAPマイスター:シルバー
  • 自己紹介:お世話になってます。
    皆さんの活動記録はとても参考になります。
    ですので、感謝の気持ちをこめて、ひっそりと私の活動記録も残そうと思います。
  • 活動エリア:
  • 性別:女性
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

荒川岳・悪沢岳(東岳)・前岳・中岳

2015/08/01(土) 15:12

 更新

赤石・聖・上河内岳縦走 2日目 百間洞山の家~聖平小屋

公開

活動情報

活動時期

2015/07/24(金) 04:32

2015/07/24(金) 13:57

アクセス:129人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,578m / 累積標高下り 2,770m
活動時間9:25
活動距離11.83km
高低差751m

写真

動画

道具リスト

文章

椹島ロッジ~(大倉尾根)~赤石岳~百間洞山の家(泊)~大沢岳~中盛丸山~兎岳~聖岳~聖平小屋(泊)~南岳~上河内岳~茶臼岳~畑薙大吊橋

●山行2日目

山行2日目も払暁からスタートです。
百間洞山の家を後にし、百間洞下降点へ向かいます。雨は上がりましたが、空は鉛色です(>_<) 途中で振り返ると富士山が見えました。本日、富士山が見えたのは朝方だけでした(+_+)
50分ほどで百間洞下降点に着き、ザックをデポして大沢岳を目指して足早に登って行きます。大沢岳山頂は、ガスに覆われて全く展望はありませんでした…

来た道を戻り、ザックを拾って、目の前の中盛丸山を目指します。こちら側からの中盛丸山はこんもりとしていて漢字の雰囲気そのままでした。訳なく山頂に着きましたが、ハイ、こちらも360度灰色でした…

山頂から下って小兎岳方面から中盛丸山を振り返ると、先程とは違って尖がってとても大きく見えました。
小兎岳を越えて、兎岳手前のコルからはガレの急登です。霞んでいても登り始めたらその大きさが実感できました。
急登を登りきって山頂に到着。すぐさま三角点方面に向かいます。
ルートはハイマツが生い茂っており、見た目はうっすらとですが、道自体はしっかりあります。ハイマツ漕ぎがなかなか大変で、深いところでは胸の高さくらいまでありました。

山頂から10分ほど下ると兎岳避難小屋、そこから40分ほどで聖兎のコルです。目の前に現れた急斜面に息を呑みます(+_+) ここから前聖岳までは実時間よりも長く感じられました。はるか上に見える急斜面の頂を登りきったら頂上かも…と淡い期待を胸に歩を進めると、その先にまた現れる急斜面(>_<) こんなことを都合4回も繰り返し(^^ゞ 前聖岳山頂にやっと到着です\(^o^)/

山頂は…霧のため写真のとおり展望はありません。風が吹きつけてとにかく寒かったです。ザックをデポして奥聖岳に向かいました。お花畑のあたりは窪地になっており、風は全くなく快適です。お花畑付近に1家族、奥聖岳山頂付近に1家族の計2家族のライチョウの親子に出会いました。今日もライチョウに会えて感激です。

前聖岳からは、急斜面をつづら折りに下ります。兎岳方面からよりもこちらからの方が登りやすそうに思えました。霧の中の小聖岳を通過し、その先の森林限界よりも下まで下ると樹林帯の中の歩きとなり、急激に蒸し暑くなりました。薊畑に至って、ようやく他の山並みをまともに見ることができました。写真は、翌日目指す上河内岳方面ですね。

お花畑、木道を通過し、聖平小屋に到着。2日目の山行は終了です。

金曜日の小屋は、7割ほどの混みようでしょうか。従業員さんの方で同郷の方がおり、近所の話題で盛り上がってちょっぴりうれしかったです(*^_^*)
夕飯の豚汁がボリューム満点で絶品でした。週末の混雑時には、人数分の用意がとても大変だろうと思います。トイレは小屋から少し離れたところにあります。テン場からの方が近いです。珍しいですね。とてもきれいで水洗トイレでした。

雨は上がり、前日よりも快適に歩けたのはよかったのですが、一面灰色で、稜線歩きの楽しさに欠ける山行2日目となってしまいました。
(休憩 2h9m)

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン