YAMAP

登山・アウトドアの新定番

ゲストさん

ホーム

部長、14の長い夏①傾山

たくちゃんさん

サポーター
  • サポーター サポーター No.32
  • マイスター  マスター
  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:福岡, 大分
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1966
  • 出身地:大分
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

祖母山

2015/07/31(金) 22:59

 更新
大分, 熊本, 宮崎

部長、14の長い夏①傾山

活動情報

活動時期

2015/07/30(木) 06:20

2015/07/30(木) 17:36

ブックマークに追加

アクセス

616人

文章

我が家の山岳部長(次男)、本業の部活(サッカー)は順調に勝ち進んでいたのに勝てる試合を勝ち切れず、まさかのPK負けで涙の終戦→引退。と同時に受験生の長い夏が始まりました。この日は、塾通いの合間の貴重な休日、久しぶりに副業の山岳部活動。傾山で血(鼻血)と汗にまみれた長い一日を過ごしました。

【ルート】
九折登山口→三ツ尾→坊主尾根→傾山→九折越→九折登山口
今回のルートは半端なくきつかったです。(ノД`)
坊主尾根の過酷さは予想していましたが、九折越からの下りも予想以上にハードでした。

備忘録(2015.8.2追記)
【暑さ】
この日は竹田市では13:30に36.2℃を観測(気象庁データ参照)する猛暑日。
三ツ尾までの急登は基本的に木陰で、時間的にも午前中、暑くなる前に通過したので問題なし。
縦走路区間は、各ピークや一部箇所は直射日光に晒されるが、全般的に木陰は多く、心地よい風もあり、問題なし。
下界で最高気温36℃を超えていた13:30頃は、本傾と後傾の間の鞍部の木陰で休憩中だったが、この時の温度計は28℃、心地よい風もあり、耐えられる暑さだった。
九折越から縦走路を離れて、降り始めると風が通らなくなり、蒸し暑い。
しばらく動くと体が異常に熱くなる。部長は突然鼻血も出てきた。
水とエネルギーゼリーを冷やす為に持ってきた保冷剤が大変役に立った。
体力的には休まずに行けるのだが、体が熱くなる度に意識的に休憩して、保冷剤を脇に挟んだり顔に当てたりしてクールダウンした。下りでこんなに休憩したのは初めてだが熱中症対策だ、やむを得ない。
保冷剤が無ければ、クールダウンにもっと多くの時間が必要で、さらに下山が遅くなったであろう。

【水と食料】
水は3Lを担ぎ、普段消費の少ない僕でも2Lを消費。
500mlペット1本のみを凍らせて行ったが、登山開始時にはかなり解けていたので3本ぐらい凍らせても良い。
(但し少し水を抜く事)

滝のように汗をかくので、塩分チャージも必須。塩飴を忘れなくて良かった。

食料
エネルギーゼリー4個(残1)
バナナ2本(完食)
コンビニおにぎり2個(完食)
ロールパン7個(残3)
暑い中では、ゼリーはもちろん、バナナが喉を通り易くて良い。
ロールパンもまあまあ食える。おにぎりが一番喉を通らなかった。

【虫】
虫が多い。木陰を歩いていると顔の回りで飛び回り鬱陶しい。たまに目に飛び込んでくる。立ち止まると耳にも飛び込んでくる。顔や首を何か所も刺された。薄手の長袖の上からでも刺された。虫対策必要。

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間11時間16分
  • 活動距離活動距離12.72km
  • 高低差高低差1,234m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り1,963m / 1,955m
  • スタート06:20
  • 6時間25分
  • 傾山12:45 - 13:03 (18分)
  • 1時間31分
  • 九折越14:34 - 14:47 (13分)
  • 2時間49分
  • ゴール17:36
もっと見る

写真

動画

道具リスト

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン