YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

第2回ベーシック塾と花火大会

ころ助さん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:初心者です
    愛媛県宇和島出身で
    父親が登山が好きで子供の頃に連れて行かれ、マムシに何度か飛ばれて
    ヘビ嫌い症候群になりました
    しかしDNAってあるんですね
    今は亡き、父親の気持ちを噛みしめながら登山してます
  • 活動エリア:三重
  • 性別:女性
  • 生まれ年:1963
  • 出身地:愛媛
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

津市

2015/08/01(土) 23:11

 更新

第2回ベーシック塾と花火大会

公開

活動情報

活動時期

2015/08/01(土) 16:36

2015/08/01(土) 18:14

アクセス:577人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 252m / 累積標高下り 270m
活動時間1:38
活動距離7.82km
高低差66m
カロリー41kcal

写真

動画

道具リスト

文章

久居の花火大会に行って来ました。

花火を観に行ったのが13年ぶり
今回はお山行きの大先輩のお誘いで
(月に一度の山行がある会の方達:記録では大杉谷・鎌ヶ岳)
久居駅の東口に忠犬ハチ公の像が出来たと聞いていたが
ハチのご主人って久居出身の方だったのねぇ
お山の話を聞いたり、花火を観たり、ありがとうございましたぁ~
とっても楽しい時間でした


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
花火と一緒に記載します

これからは長文です

7/30は第二回ベーシック塾に参加しました

第2回目は④歩行・⑤登山と身体、トレーニング・⑥食糧と飲料

 はじまってすぐ講師が
講師「この前、NHKのTV放送で“アラフィフ女子旅エメラルドグリーンの渓谷を行く”を
観られた方もおられると思いますが、あれを観て皆様はどう思われましたか?」からはじまる
講師「まずは登山靴です。大杉谷では岩場を歩きます。あのような靴で登るのに疑問を持ちました。
それと、断崖絶壁を歩くのに、それも桃の木小屋の手前で暗くなっている事。
ストーリーの中で中級者・上級者のコースだとはうたってはいたのですが、毎年死亡事故が多発しています。
大杉谷は危険な個所が多い場所です。ヘルメット着用を促進していますが、NHKでも、あのような放送の感じであれば,民放なら、どのようになっているのかと、首をかしげてしまいます。」と
捜索する側は、そのような気持ちで観ていたのだと思った。

その後に登山靴の事からはじまり、岩場と雪道は靴の先が曲がらない靴を選ぶ等々(アラフィフ女子旅の話を交えながら)
講師「靴を選ぶ時に、サイズを計ってもらい、歩いてみてフィットしてもすぐ買わないで下さい。何時間も歩いてみて、それから買って下さい。靴は大切です」からはじまった講習
んんんん?~何時間もは歩けないですよねぇ~・・・・んんんんん~~
・歩き方では、基本の三点支持。
・心拍数ではスウェーデンの心理学者G,ボルグが考案した“ボルグ指数”
・下りの足への着地衝撃は登りの2倍(体重+荷物)
・高山病のサーチSPO2の事の説明もあった
普通の方の下界でのサーチは98%であるが4000mでは80%に降下する
高山病は、高度を下げると自然に治るものであるが、重症化すると肺水腫の症状がおこる
高山に登る場合は、個人差はあるものの、急いで登らないゆっくりと時間をかけて、低酸素環境に身体を順化させることと言われる
講師はネパールに行く時に、低酸素の部屋でトレーニングを受けたとの説明
6の食糧と飲料は基本の事なので割愛します

終わりの時間になりスライドで台高の山の画像がでて
2週間前に遭難してまだ見つかっていないことを話される

そして御嶽山で捜索がはじまっている
あの噴火の日にYAMAPユーザーの方が、知識や決断でご無事で帰還された記録があります
トッキ―さんです
トッキ―さんから許可をもらいました
第1回ベーシック塾で遭難の話があった時に冷静になる!事が大切だと知った
これから、もしもの時にトッキ―さんの記録を見ていたら
冷静に判断する事の大切さを思い
ここにURLを貼ります。
https://yamap.co.jp/activity/84534
でも私はビビりなのでテンパるでしょう・・・・・・

そして
いつも師匠が、いつも言われる事を記載します
「荷物が重くても、日帰りでもヘットランプは絶対ザックなら下すな!!!」と言います
持っていてもどこかで岩に当たりスイッチが入り、電池が切れていることもあるそうです
必ず、山行には点検して、予備の電池を持っていくように言われています。

おわりに
文才がなく、それ以上に適当な書き方するので
読みづらい長文でごめんなさい(^_^;)。

次回のベーシック塾:山の装備
講師:シャモニー経営・元プロガイド 濱谷光安

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
追記2日13:30
お山の大先輩から
尾崎隆さんのお話を聞いた
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%BE%E5%B4%8E%E9%9A%86
ウィキぺディアより
亀山の鬼ヶ牙(おにがきば)の岩に杭を打ったのは尾崎さんだと聞いた
帰宅して調べたらエベレスト南東稜登攀中8,500m付近で高山病で死亡と知った

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン