YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

撤退!武奈ヶ岳

SYSさん YAMAP Meister Silver

  • YAMAPマイスター:シルバー
  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:
  • 性別:
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

比良山系・武奈ヶ岳・釈迦岳

2015/08/02(日) 16:23

 更新

撤退!武奈ヶ岳

公開

活動情報

活動時期

2015/08/02(日) 07:58

2015/08/02(日) 13:20

アクセス:158人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,258m / 累積標高下り 1,201m
活動時間5:22
活動距離11.23km
高低差782m

写真

動画

道具リスト

文章

今回は以前から気になっていた明王谷からのルートを選びました。
事前に調べた限りでは、沢渡りが何度かあるだけだろうと思い悠々と写真を撮りながら登山道まで歩いて行きました。
難所も事前に知っていた「つもり」だったのですが数週間前に豪雨がありその影響で登山道が無くなっているとは思わずその後焦ることに……。
写真の通り、何度か沢渡りもしました。危険箇所も通過しました。歩いていたら水たまりが沼になっていて登山靴がぐしょぐしょになり動きにくい。そのままなんとか危険箇所を何度か過ぎて金糞岳が近くなってきた辺りで誰も人が居ないことに気がつきました。
そして道を示すテープもロストしがちになり、ひょっとして:迷った? と疑う心が自分の中で生まれ始めていました。
「早く武奈ヶ岳に行き、それから以前通ったルートで帰ろう」と焦りが生まれ、いそいで小川新道に向かいます。
直登して三十メートルほどした場所でロープもテープもロスト(おそらく先日の大雨で流されてしまったのだろうと思います)
やむなく撤退するか。と決めており始めた直後右ふくらはぎに痛みが(おそらく熱中症の初期症状の筋肉痛)。
標高900m付近、周囲に人無し、脚の痛みを引きずったままの川は無理。電話も通じない。
「これはまずい」とかなり焦る。
なんとか降りたところで少しだけ休憩をする。これからどうしようかとしばし呆然とする。
精神的にはおもわず「生きたいなぁ」と口にするほど参っていた。
「あの沢にはもう戻りたくない。この足で戻ってはたぶん落ちる」
そう判断し、できるだけ沢を渡らないルートにして以前通った御殿山ルートで帰ることに。
脚は限界。頭熱中症、心折れ折れ。
あと少しで山頂だったが、靴が濡れたことで精神的に折れてしまったことと、水分が無くなっていたこともあり撤退となった。





コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン