YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

夏の思い出 ~黒沢湿原~

ミンさんさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:登山歴は2年と少しですが、幼少のみぎりより車窓から眺める山が大好きでしたので山ラブ歴は30年以上の大ベテランです。

    でも、山行に関しては初心者と殆ど変わりません。

    どうぞよろしく!
  • 活動エリア:徳島
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1979
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

矢筈山(三好市・つるぎ町)・寒峰

2015/08/03(月) 21:49

 更新

夏の思い出 ~黒沢湿原~

公開

活動情報

活動時期

2015/08/02(日) 15:54

2015/08/02(日) 16:16

アクセス:526人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 399m / 累積標高下り 49m
活動時間0:22
活動距離6.68km
高低差375m
カロリー42kcal

写真

動画

道具リスト

文章

黒沢湿原(くろぞうしつげん)でサギソウが見頃です。
白くて小さなサギソウが咲き乱れる湿原からまっすぐ一本に続く木道。

標高は550mほどですが、祖谷渓谷近くの山中だから、辺りはひっそり静まり返っております。
完全に外の世界と切り離されたかのような錯覚。日本の原風景が見たいなら是非一度訪れて欲しいです。

距離は全長2km程らしいので、散歩にちょうどいいくらいでしょうか。

雨上がりの夕暮れ時でしたのでとても懐かしい思いに浸りながらひたすらカメラのシャッターを押してました。

アクセスは国道192号線、池田町/井川町を走っていると看板出ていますのでそれに従って進んで下さい。
少し距離があるのと途中の沢沿いの道が狭いので運転にはくれぐれも気を付けて!
(祖谷方面からも行けるみたいです。)

駐車可能台数はそれほど多くないので、早朝か夕暮れ時がいいと思います。

※活動記録はほぼすべて車での移動です。下車してからは100mも歩いてません。
 あくまでここに黒沢湿原があるというのが分かって頂ければ幸い!

◯剣山を経ってから現地に付くまでのお話
見ノ越駐車場に別れを告げ、祖谷方面へ車を走らせました。運転はぬんちゃんです。
私は横でビールをグビグビ。(ごめんなさい)

空がなにやら怪しくなってきたなと思ってたら、突然のゲリラ豪雨。
ほどなくして、空に轟く雷鳴。
すかさず雨雲レーダーを開いて調べると周辺一帯が積乱雲に取り囲まれてる状態に。

ここ30分程で急速に発達したみたいで、次々に雲が湧いては発達を繰り返してるみたい。
当分止みそうもない。積乱雲の端っこに来た辺りでは小雨になるのだけど、進む先には次の積乱雲が待ち構えている状態。
すぐに豪雨の中に突入。先ほどまでとは違い、今は落雷が頻発し始める。

祖谷のかずら橋にさしかかる頃、さらに雨と雷が激しさを増し、辺り一帯の沢は茶色の濁流がゴウゴウと唸りを立ててすさまじい勢いで流れていた。
かずら橋物産店には観光客全員が雨宿りではなく、避難してる雰囲気。

振り続ける雨の中、車は国道192号線に合流。
東側へ広く長く展望が開けてくると目の前の山々に一本の光る雷槌か休むことなく落ち続ける。

これかなりヤバイんじゃね?と不安になるもとりあえず湿原までは行ってみようということでそのまま進み続けた。
幸運なことに湿原近くまで来た頃、雨あしがだんだんと弱くなり雷鳴も遠のいていった。

駐車場に付いた頃にはほぼ雨も上がってきて、ポツポツといった小雨模様。
今がチャンス!と言わんばかりに車を降りて撮影に走る。

走る。

走る。

「ドッシャーーーん!」

遠のいていたはずの突如の雷鳴。

チキンな私は脱皮のごとく車に猛ダッシュ。とにかく逃げこむ。
それから10分ほど車に身を隠し、確実に危険じゃなくなるまでひたすらガマンをした。

後は写真のように天候も徐々に回復してきて、帰る頃には青空が広がって来ておりました。
帰る途中に山中から見た、平野部と遠くの山々から沸き立つ霧の夕景の美しさに感動した。

今年の山行で一番感動した瞬間でした。泣きそうだった(笑)
今年の山行の悪天候確率の高さにも泣きそうになるけどね!

ところで湿原で口ずさむ歌って「夏の思い出」しか思いつかない。
黒沢湿原でも心の中でずっとこの歌が流れてた。いつか尾瀬に行ってみたいな…

以上。雨男でした。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン