YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

暑かったぁ~、八経ヶ岳

さくらさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:ダイエットで始めたウォーキングがいつの間にか登山に変わり、今ではすっかり山にはまっています。
    2人の娘たちも山好きにするべく奮闘中(笑)だったのですが
    目論見通り次女が山にはまってくれました。(^_^)v
    アルプスデビューも果たし、これからは『年に一度はアルプスへ』が目標となりました。
  • 活動エリア:
  • 性別:女性
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:5年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

大普賢岳・山上ヶ岳・稲村ヶ岳

2015/08/03(月) 14:04

 更新

暑かったぁ~、八経ヶ岳

公開

活動情報

活動時期

2015/08/02(日) 13:02

2015/08/02(日) 16:05

アクセス:264人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 65m / 累積標高下り 836m
活動時間3:03
活動距離3.80km
高低差771m

写真

動画

道具リスト

文章

行って来ました、八経ヶ岳。
甥っ子、次女とその彼氏、私の4人。

今回はスタートから災難続き。
まず、次女と甥っ子の連絡不行き届き(甥っ子がメール見忘れ)で
集合場所に甥っ子が徒歩で来てる。
あわてて、車を取りに戻ってもらいました。
ここで30分ほどのロス。
何とか出発。
行者環トンネル西口へ到着し、登山開始準備中。
私が登山靴のインソールを忘れたことに気付く。
前回インソールを外してお手入れして、そのままでした。^_^;
いつもより紐をきつめに結んで凌ぐしかない!
足裏がいつも以上に疲れたように思いますが、まあ何とか登山できました。
で次が、私のストックの一本が伸びない。
男が2人奮闘してくれましたが、伸びない・・・。
仕方なく一本で登ることに。
さあ、スタート。
ヤマップをスタートさせようと思ったら、地図を取ってなかった。
ダウンロードしようと思ったら、圏外。
出発前から踏んだり蹴ったりでした。(泣)

スタートして木の橋を渡ったら、奥駈道出合いまで約1時間の急登。
登っても登っても坂・坂・坂。
暑いし、滴るほどの汗。
「誰が八経ヶ岳行こう!って言うてん!って、言いたくなるほどしんどかった。(苦笑)
奥駈道出合からしばらくはなだらかな道。
周りを見る余裕も出てきました。
緑がきれい、苔がきれい、シラビソの原生林、人の手が入っていない自然のまんま。
吉野の山ってなんとなく幻想的です。
(残念ながらオオヤマレンゲ、私は見落としたようです。次女が写真撮ってました。)
って言っていたら、最後にまたまた急登。
今度は階段。
「まだかまだか。」と思いながら登り、弥山へ。
ここも一時間ぐらい登り続けだったかなぁ?
弥山到着が11時20分。
お昼を後にして先に八経ヶ岳を目指します。
下ります、これでもかってぐらい下って、また登りかえして八経ヶ岳山頂。
今回の登山で唯一涼しかったのがここ八経ヶ岳の山頂。
1895Mの弥山でさえ暑かったです。
風が気持ちいい、景色は最高。
疲れが癒されます。
しんどかったことなんてすべて忘れてしまいます。(笑)
しばし山頂で景色を堪能し弥山に戻ってお昼ご飯。

駐車場のおじさんに「昨日雷やった。雷三日って言うから今日もなるかもしれんよ。3時ごろかな?」
って言われていたので、食後すぐに下山開始。

ふぅ~、ふぅ~行って登った階段も下山時は楽勝。
ただ、階段じゃないところは段差が大きかったりして
足の短い私と次女は大変でした。
奥駈道出合からの下山が大変でしたね。
下るのは登りとは違ったしんどさがありますね。

おじさんが言っていた3時ごろ遠くで雷の音が聞こえてきました。
「雷、近づくな! 雨、降るな!」って思いながら下山してました。
雨にも降られず、雷も遠いまま、無事下山完了です。

今回のヤマップの記録は八経ヶ岳山頂で電波が入って、
慌ててとった地図が間違ってて、山上ヶ岳。
まあ、西口~弥山はどちらでも同じなので、弥山からの下山時のみです。

今回の山行きは教訓だらけです。(^_^;)




コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン