YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

道内日本百名山4座目 大雪山旭岳

パパひこさん YAMAP Meister Silver

  • YAMAPマイスター:シルバー
  • 自己紹介:2013年から始めた登山ですが、健康づくりから楽しみへと変化しました。もっと早くに始めていたらと悔しがってるおっさんです。
    あっ、始めたのは2014年からでした。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:初心者
  • その他 その他

大雪山系・旭岳・トムラウシ

2015/08/08(土) 09:44

 更新

道内日本百名山4座目 大雪山旭岳

公開

活動情報

活動時期

2015/08/03(月) 07:27

2015/08/03(月) 16:01

アクセス:271人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 984m / 累積標高下り 974m
活動時間8:34
活動距離11.59km
高低差703m

写真

動画

道具リスト

文章

7:30姿見駅→10:00旭岳山頂→11:40間宮分岐点→12:40中岳分岐→13:20中岳温泉→14:20裾合平分岐→15:50姿見駅
前日の雨竜沼湿原からT・T氏とA女史と合流し東神楽町のキャンプ場にて前泊後、旭岳チャレンジだった。
天気は晴れで始まった。
写真を撮りながらのゆっくりとした山行となた。
ソロとは違う和気あいあいとした楽しい登山もまたいいものだと感じた。
そして、何と言っても一番のトピックはお鉢平の黒い熊を見たことでだった。
距離はかなり離れているものの、その巨大さに圧倒され、双眼鏡を握る手が汗ばんだ。
北海道に住んでいても、野生のヒグマを生で見るのは初めてだったので、驚きと感動が一緒になって相当興奮した。
その後しばらく山行中も自分がどれだけ野生の熊を見たかったかとかツキノワグマとの違いは何だ?とか熊話に熱が入りすぎ、同行の仲間から「くまお、うるさい」と言われる始末。
仕方がないので「グオー」とリアルに真似て鳴いてみたら本気で「やめろ‼️」と叱られるおじさんであった。
途中ガスがかかるところもあったが順調に進みお花畑も堪能し、愛山渓温泉への分岐のあたりでキタキツネの親子と遭遇した。
写真には捉えられなかったが、この時親キツネは子を残しハイマツ帯へ進入し1、2分後に口にネズミのような小動物を咥えて戻ってきた。
それを子ギツネに与えるという場面も目撃できた。
その際の子ギツネ達の嬌声がけたたましくてビビって逃げてしまったりとカッコ悪いが実にいいものを見ることができた。
今回の山行は野生の王国の様なドキュメンタリー感が満載で、その事をその場で仲間と共有しあえるグループ登山の楽しさを満喫できた。
また一緒に行こうぜ。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン