YAMAP

登山・アウトドアの新定番

ゲストさん

ホーム

8合目駐車場から月山

D. Benさん

サポーター
  • サポーター サポーター No.40
  • マイスター  ゴールド
  • 自己紹介:長年続けてきたスキーは、アルペンからテレマークに変更し、以来、テレマークで十数年ゲレンデとBCを楽しんでいます。
    無雪期を含め、低山(里山)の魅力も捨てがたく楽しむエリアが広がった昨今です。毎年のバイクツーリングは、キャンプしながら登山、写真撮影、スケッチに北海道を訪れています。
    動ける体の維持・向上をモットーに続けたいものです。
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1948
  • 活動エリア:山形, 福島, 新潟
  • 出身地:岩手
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

月山・姥ヶ岳

2015/08/14(金) 16:00

 更新
山形

8合目駐車場から月山

活動情報

活動時期

2015/08/04(火) 05:53

2015/08/04(火) 13:56

ブックマークに追加

アクセス

335人

文章

朝起きたら霧が流れ、上部はすっぽり雲に包まれていた。隣の方は白装束に身を固め出発して行った。妻とゆっくり朝食を済ませ、珈琲を啜っていたら霧が薄れて来た。
弥陀ヶ原の過ぎ、低灌木を登って行く。高度が上がるにつれ、花が多くなり撮影のため立ち止まる事が増える。妻は、遅いからと先へ進む。仏生池は花に囲まれいる。
オモワシ山を回り込み高度を上げると、展望が開け残雪が見える。森林限界を過ぎるとお花畑が現れ、花の種類も増えてきた。
天気は更に良くなり、雲海の彼方に鳥海山が見える。何度かあの尾根の先が頂上…と騙され、やっと頂上が見えてきた。木道が設われた草原は、頂上を背景に、見事!としか言いようがない程のお花畑が広がっていた。山頂は祈祷所でお祓いを受けないと踏めない。一人500円だ。しかも、撮影禁止で登頂記念写真も撮れない。他の登山者たちも不満顔だった。
下山は展望を楽しもう。
残雪を発端に流れ落ちる源頭の広がりや、墨絵の様に重なる山々。
登る時は気付かなかった弥陀ヶ原の全容。
締め括りに弥陀ヶ原を一周した。池塘の美しさを満喫し車に戻った。

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間8時間3分
  • 活動距離活動距離15.19km
  • 高低差高低差588m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り3,530m / 3,539m
  • スタート05:53
  • -
  • 月山高原ロッジ05:53 - 06:05 (12分)
  • 2時間3分
  • 佛生池小屋08:08 - 08:12 (4分)
  • 1時間12分
  • 月山09:24 - 09:27 (3分)
  • 36分
  • 月山10:03 - 10:09 (6分)
  • 1時間23分
  • 佛生池小屋11:32 - 11:47 (15分)
  • 1時間57分
  • 弥陀ヶ原小屋13:44 - 13:47 (3分)
  • 7分
  • 月山高原ロッジ13:54 - 13:56 (2分)
  • -
  • ゴール13:56
もっと見る

写真

動画

道具リスト

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン