YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

九州オルレ・高千穂コース

モンプチさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:私の足あとと思い出を書きとめています♪
  • 活動エリア:福岡
  • 性別:女性
  • 生まれ年:2014
  • 出身地:福岡
  • 経験年数:1年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

九州オルレ・高千穂コース

2015/08/07(金) 13:49

 更新

九州オルレ・高千穂コース

公開

活動情報

活動時期

2015/08/05(水) 11:01

2015/08/05(水) 16:42

アクセス:359人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 862m / 累積標高下り 865m
活動時間5:41
活動距離12.66km
高低差286m
カロリー1451kcal

写真

動画

道具リスト

文章

ツアーに参加して、九州オルレ・高千穂コースを歩いてきました。

この日も猛暑。
朝乗ったタクシーの運転手さんからも「このくっそ暑い中わざわざ遠くまで歩きに行くっちゃ好きやねー」と笑われてしまいました( ̄▽ ̄)
高千穂は子どもの頃以来。その時も大人達が「福岡からは遠い」って言っていたのですが、それからんん十年、高速道路なども発達してもっと近くなったのではと勝手に思っていたのですが、やっぱり遠い(´▽`)
阿蘇と高千穂があんなに近いという事も知らなかった私はバスの中からの車窓を楽しみながら到着しました。

スタートはバスセンターや役場などがある町の中心地です。
ほどなく高千穂神社に到着。参拝して高千穂渓谷へと向かいます。
雨降り後という事で川の水はちょっと濁っていましたが、やっぱり高千穂渓谷はすばらしい風景で、ここはぜひもう一度訪れたいと思いました。
涼やかな高千穂峡を過ぎるとばったり観光客はいなくなり、あっつい道を好き好んで歩いているのは本当に私達だけ!と笑いながら歩いていたのですが、後ほど笑い話ではなくなってしまいました(>_<)

キャンプ場でお昼を取った後は、オルレらしい田畑や神社の道を歩いていきます。
結構登りの多いコースで、まず一人年配の男性が途中で具合が悪くなりリタイア。
ガイドさんや添乗員さんが車を手配し、ゴールまで戻っていかれました。
その後今度は最後の登りの休憩中、もう一人年配の男性が意識を失ってしまいました。
その場に居合わせた私は救急隊が到着するまでお手伝いしていたのですが、だんだん顔色が悪くなっていく様子は本当に怖かったです。
その後救急車で病院に運ばれ治療を受け、数時間後無事笑顔で戻ってこられ、福岡まで全員一緒に帰る事ができました。よかったー(>_<)

楽しい思い出と同時にいろいろと勉強になった一日でした。
熱中症は本当に怖いという事と、自分では大丈夫と思っていても、いつなってしまうか、本当に気をつけておかないといけないと思いました。
そして救急隊到着まで、私はほとんどオロオロと何もできませんでした(>_<)
ガイドさん添乗員さんは最初に倒れた方の対応に追われていて不在の中、救急隊到着までテキパキと適切な処置をしたのは、同じツアー客の山歴の長い男性でした。
私一人しかその場にいなかったらと思うと、やはりもっと常日頃から緊急事態をいろいろ想定しておかないといけないと反省しました(>_<)
どうかみなさんもお気をつけて、楽しい夏をお過ごしください(´▽`)

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン