YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

夏休み日記Ⅱ:久住・坊ガツル編

とっさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:福岡
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1964
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

久住山(九重)・大船山・星生山

2016/04/14(木) 00:39

 更新

夏休み日記Ⅱ:久住・坊ガツル編

公開

活動情報

活動時期

2015/08/05(水) 18:25

2015/08/05(水) 20:52

アクセス:835人

タグ

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 450m / 累積標高下り 158m
活動時間2:27
活動距離4.15km
高低差299m

写真

動画

道具リスト

文章

梅雨が明けたらどこかでテン泊したかったので、
仕事途中でやめて行ってきました。

出発が遅かったので、吉部からの樹林帯での日没もいやだし、
暗闇でのテント設営もいやだったので、超高速で歩きました。

最初の急登を15分ぐらいでクリアし、あとは平道を足早に。
結局1時間15分くらいでテン場に到着。
もうかなり暗いです。
まあ、ツェルトだからかんたん設営なのでヘッデン灯りで何とか完成。
完成度は過去最高でした。

基地は完成したのですが、来る途中で大変なことに気付きました。
財布を忘れたのです、車の中に。

通常の登山では、お金持っていかないのですが、今回は必要なのです。
最重要お楽しみ事をふたつも諦めなければなりません。

温泉とビール...

取りに戻るか、山荘のかたに免許証預けてお金借りるか、あ、免許証もないや...
そんなこと考えながらとぼとぼ歩きました。

まあ、温泉はあきらめよう、ウイスキーがあるからビールもあきらめよう...

気持ちを立て直してテントに戻り、カメラをセットします。
今回は、星観察も目的のひとつ。

すると、ひとつ、ふたつ、星が瞬き始め、数分後には数え切れないほどの満天の星空へ。

やっぱり、来てよかったあー!
これが見れただけで、もう満足です。
ウイスキーちびちびやりながら、ぼちぼち撮ります。

夜も更けて行き、涼しかった風が、寒さを感じる風へ。
ウインドブレーカーを着て撮影よりお酒をすするほうが多くなり、
撮影終了。
そして、早めの就寝。

小鳥のさえずりで目覚めたのが4時半。
とりあえずツェルトの中でうだうだ。
しかし、結露がすごく、身体を動かすとぽたぽた水滴が落ちてきます。
もうひとつのテントは、ダブルウォールなので結露はまったくないのですが...
結局水浸しツェルトから脱出し、付近をぶらぶら。

坊ガツルは四方を山で囲まれているためご来光は拝めません。
少し明るくなってきたので、周囲の花や虫を撮影。
北大船山の稜線からお日様が顔を出したのを見届け
付近の散策へと出かけました。

花もボチボチありますが、この暑さのせいでしぼんでしまっている花も多かったです。

散策から戻ると7張りほどあったテントも3張りへ。
無人のテント住人はおそらく大船山でしょう、ひとっこひとりいません。
当初は平治岳へ朝駆けを考えていたのですが、飲み物も買えないため中止しました。

朝パスタを食べて、ちょっとお昼寝、いや朝寝。
目覚めて、まっぱになり(快感)身体をお絞りで清拭し、すっきりなったところで下山しました。

帰り長者原のタデ原湿原を散策。
暑かったけど、風は涼しく、ソフトクリームで元気回復し帰途につきました。

楽しい楽しい2日間でした。

おしまい





コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン