YAMAP

登山・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

北アルプス最奥部縦走4/5(水晶小屋~水晶岳~赤牛岳~奥黒部ヒュッテ)

やすのりさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:関東甲信越の百名山を中心に登っています。好きな山は、北岳、笠ヶ岳(北アルプス)、谷川岳、武尊山 等です。日々、山のことばかり考えています。
  • 活動エリア:山梨, 長野, 群馬
  • 性別:男性
  • 生まれ年:公開しない
  • 出身地:神奈川
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳

2015/08/08(土) 18:59

 更新

北アルプス最奥部縦走4/5(水晶小屋~水晶岳~赤牛岳~奥黒部ヒュッテ)

公開

活動情報

活動時期

2015/08/05(水) 05:34

2015/08/05(水) 13:20

アクセス:268人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間7時間46分
  • 活動距離活動距離10.88km
  • 高低差高低差1,493m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り608m / 2,013m
  • スタート05:34
  • -
  • 水晶小屋05:34 - 05:38 (4分)
  • 27分
  • 水晶岳06:05 - 06:19 (14分)
  • -
  • 黒岳06:18 - 06:25 (7分)
  • -
  • 水晶岳06:18 - 06:25 (7分)
  • 2時間46分
  • 赤牛岳09:11 - 09:27 (16分)
  • 3時間51分
  • 奥黒部ヒュッテ13:18 - 13:20 (2分)
  • -
  • ゴール13:20
もっと見る

写真

動画

道具リスト

文章

四日目は、水晶小屋~水晶岳~赤牛岳~奥黒部ヒュッテを縦走しました。
特に水晶小屋~赤牛岳間は、5日間の縦走のハイライトであり、一番楽しみにしていた稜線です。

この日も天気は快晴で、水晶岳から赤牛岳まで最高の景色と稜線歩きを楽しめました。
赤牛岳頂上からは360度山しか見えなく、4日間掛けて本当に奥深い所へ来たものと、感慨一入でした。

読売新道は、ほとんど展望の無い樹林帯の細い道をひたすら下りますが、長いだけでどこにでもあるような登山道に感じました。(谷川岳の茂倉新道の下りを思い出しました)
ただ、登山道にある木の根や岩が滑りやすいので注意が必要です。(2、3回転びそうになりました)

この日に宿泊した奥黒部ヒュッテは深い森の中にある静かな山小屋で、宿泊者も少なくゆっくりと過ごすことが出来ました。また、この小屋には風呂場がありますので、汗を流し疲れを癒すことが出来ました。
食事も美味しく、何となく時間の流れをゆっくりと感じさせる良い小屋でした。

五日目(5/5)へ続く。






コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン