YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

暑い夏は涼を求めて立山ヘ。奥大日岳、立山周回。

JunJunさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介: 引きこもり系パソコンヲタクが、デジカメを手にしてからはカメラとレンズの沼にハマり、被写体を求めて街を徘徊するように。が、街の被写体を撮りつくし限界を感じていたところ、齢五十にして初めて地元の北アルプス立山への登山に参加。この時から山の美しさに目覚めて山の撮影の魅力にハマる。
     以降毎週お天気が良ければ北アルプス北部や、地元の山々をデジカメを持って徘徊するように。年老いても元気に街や山をデジカメを持って徘徊できるようになるため、トレーニングと食事にも気を使う健康ヲタクでもあります。
  • 活動エリア:富山
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1963
  • 出身地:
  • 経験年数:5年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

立山

2015/08/10(月) 21:11

 更新

暑い夏は涼を求めて立山ヘ。奥大日岳、立山周回。

公開

活動情報

活動時期

2015/08/08(土) 08:12

2015/08/09(日) 13:26

アクセス:289人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,992m / 累積標高下り 1,996m
活動時間29:14
活動距離23.60km
高低差747m
カロリー13780kcal

写真

動画

道具リスト

文章

【アクセス】
 立山駅には5時半到着で河原沿いの駐車場はまだ空きがありました。下山した時には立山駅から川向こうの駐車場もかなり埋まってました。アルペンルートは8月の土曜日なのでなかなか混雑しており、ケーブルカーは臨時便をドンドン増発して10分おきに出発していましたが、大分遅れて6時50分発のに乗れました。

【感想/記録】
 暑い!全国的に猛暑が続き、富山も例外ではありません。そこで先週に引き続き今週も立山に来ました。今回は雷鳥沢キャンプ場でテン泊し、最初は奥大日岳、次の日は立山を周回しました。立山駅の駐車場と雷鳥沢キャンプ場の場所が確保できるか心配でしたが、土曜日の早朝から行動したため大丈夫でした。

 夏の奥大日岳へ行くのは初めてでしたが、サブザックだったので雷鳥沢キャンプ場から約一時間半ほどで頂上へ到着しました。頂上からは剱岳や立山、富山平野の雲海まで見渡せ、素晴らしい眺望が堪能できました。時間があったので、行ったことがない大日岳方面に少し足を伸ばしてみました。最初は鎖のあるちょっとした岩場があり、その後は稜線をしばらく歩くと大日小屋が遠くに見えて来ました。しかしまた鎖のある岩場を結構下るようなので、今回はその手前で引き返し、雷鳥沢キャンプに戻って来ました。

 キャンプ場に戻ってくると土曜日だけあってそこそこテントが張られていました。早速立山駅で買って雪渓の雪で冷やしておいたビールで一人で乾杯です。極楽ですね〜^_^。涼しいキャンプ場でマッタリとして過ごすのは、なんとも贅沢な時間です。しかもソフトバンクも4Gで繋がりますので、ネットもし放題です。晩ご飯はフリーズドライの野菜カレーとアルファ米でまたカレーを食べて、早々に寝ました。

 2日目は所用ができたので予定していた浄土山、龍王岳はパスして前回同様に雄山、大汝山、真砂岳、別山と周回しました。朝の4時40分頃から山行を始めたので、学校登山にも会わず涼しいうちにサクッと行けました。お天気が良く雲が低かったので穂高連峰、後立山連峰まできれいに見えました。

 雷鳥沢キャンプ場に戻ってからテントを撤収し重いザックを背負って室堂ターミナルまで登り返すのは、今回一番大変でした。8月の日曜日だけあって、室堂ターミナル周辺は観光客でごった返していました。二日間涼し立山でキャンプ場でマッタリできたり、登山ができたりと有意義な時間を過ごせましたが、下山すると灼熱の下界にゲッソリです。

【注意点】
 キャンプ場は晴れていると下界ほどではないですが暑く、日が沈むと急に寒くなります。夜明け前のテントの中は6℃ほどで、寒くて目が覚めました。ダウンジャケットが必要です。

【コース状況】
 奥大日岳までの登山道は狭くちょっとした岩場があったりしてガレています。新室堂乗越から稜線に出ると、片側が崖で万が一落ちるとアウトと言う場所もあり、すれ違いは慎重にした方が良さそうです。
 朝早くは一ノ越までの雪渓は再凍結したり、溶けた水が氷っています。朝は滑りやいので注意です。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン