YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

新穂高温泉〜双六岳〜三俣蓮華岳〜鷲羽岳のピストン①

クサタロウさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:サーフィンが色々あってトラウマになり、海がダメなら山か。という安直さで登ったらハマりました!山小屋の快適さも感じつつも混雑に閉口し、テント泊に今はハマってます。千葉在住。近場から北アルプスまで行きたいと思えば、だいたいソロで行きます。冬はスノーボードでバックカントリーに夢中です。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1971
  • 出身地:
  • 経験年数:10年未満
  • レベル:中級者
  • その他 その他

穂高岳・槍ヶ岳・上高地

2015/08/11(火) 19:55

 更新

新穂高温泉〜双六岳〜三俣蓮華岳〜鷲羽岳のピストン①

公開

活動情報

活動時期

2015/08/07(金) 06:36

2015/08/07(金) 14:12

アクセス:137人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,309m / 累積標高下り 848m
活動時間7:36
活動距離12.84km
高低差1,566m

写真

動画

道具リスト

文章

新穂高温泉〜双六岳〜三俣蓮華岳〜鷲羽岳ピストンへ行ってまいりました。7日金曜日を代休もらい、6日の夜行バスで新穂高温泉へ。ちょっとリッチに三列シート。よく寝れた。
新穂高温泉からは8時間弱かけて双六小屋へ。テント泊装備で長距離は今シーズン初だったので、予想通りほぼ熱中症で到着。最近、熱中症癖ついてるなあ。と、フラフラでテントを張りとりあえず寝る。起きて食事しようとおもったら大問題が発覚。なんとバーナーを忘れて、一切調理出来ず。小屋でうどん食べたら即熟睡。翌朝回復したので朝5時に出発。双六岳、三俣蓮華岳、鷲羽岳へ行きそのまま双六小屋に戻り、もう一泊して朝イチで下山。新穂高温泉で湯に浸かり、松本行きのバスに乗り帰宅。反省は色々有りましたが、とにかく天候に恵まれ、夏山特有の雷雨にも当たらず、体調とガスバーナー以外は最高でした。行ったら行きたい山がまた増えた。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン