YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

つかみ難い

yutaさん

  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:
  • 性別:
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

恵那山・大判山・神坂山

2014/06/11(水) 16:19

 更新

つかみ難い

公開

活動情報

活動時期

2014/06/10(火) 09:31

2014/06/10(火) 12:23

アクセス:140人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,392m / 累積標高下り 398m
活動時間2:52
活動距離6.22km
高低差1,076m

写真

動画

道具リスト

文章

初めての恵那山。
温度・湿度の調整、また登山の途中経過がつかみ難い山であった。

曇天、雨が降ってきそうな中、天気が崩れそうならば下山という頭で登り始める。
天気予報では前日、前々日と雨だったが、川の水量は思ったほど多くなかった。
登り始めると、湿度が非常に高いようで、それに風が全くないためとても汗をかいた。3合目くらいさしかかる頃にはタオルがびたびたになるくらいであった。
さらに、晴れ間がのぞき、気温が上がってくると一気に蒸し暑さが襲ってきた。

途中で、姿が見えなかったが、大きな野生動物が自分たちの前を横切ったのが見えた。
イノシシか熊かと、少し不安になった。

視界が開ける場所もあったが、最後まで山の頂上が見えるところがなく、途中の看板(?)のみが登っている経過の目安となった。頂上へ出る際もいつの間にかついたという感じであった。

頂上はまだ肌寒く、ウインドブレーカーを着て下山開始したが、15分程度歩くとウインドブレーカーを脱がないと暑すぎるくらいであった。

眺望がないので、少し残念なところもあるが、「修行の一環」として登るにはいいのかなという山だと感じた。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン