YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

甲斐駒ケ岳→駒津峰・仙丈ケ岳→小仙丈ケ岳 1日目

hiroさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介: 2014年、夫婦で体力作りをしようとお気軽トレッキングのつもりで始めましたが、半年も経たないうちに山小屋泊、テント泊までするようになってしまいました。時間のあるときには泊まりで、忙しくても日帰りで2週に1回をめざしています。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

北岳・間ノ岳

2015/08/11(火) 07:08

 更新

甲斐駒ケ岳→駒津峰・仙丈ケ岳→小仙丈ケ岳 1日目

公開

活動情報

活動時期

2015/08/09(日) 08:41

2015/08/10(月) 12:29

アクセス:250人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,982m / 累積標高下り 1,990m
活動時間27:48
活動距離13.52km
高低差888m

写真

動画

道具リスト

文章

前日夕方にテント場に入り、翌日朝早くから甲斐駒に行くつもりでした。しかし、用事が出来たので、土曜日の18時30頃に家を出ました。中央道の諏訪で降りるか伊那で降りるか迷いました。ナビは、伊那で降りるようになってしまうので、諏訪湖を経由にしました。諏訪からは国道152号線で行きました。
パーキングエリアで夕飯を食べ、22時30分頃に到着しました。バス乗り場の横の駐車場も空きがあったようですが(妻の話)、そんなに離れていないので、道路下の第2駐車場にとめました。
車中泊しましたが、暑くて途中で何度かエアコンを入れました。
翌日4時半頃起きました。夜中にどんどん車が入ってきて、駐車場にはたくさんの車がありました。準備をして、5時過ぎにバスの乗車券を買うために並びました。始発は、6時ですが、5時半には、最初のバスが出て、私たちは6代目くらいのバスでしたが、5時50分に出発しました。。バスは、みんな乗ったらすぐに出発します。私は、運悪く補助席になってしまいました。マイクロバスの補助席に大きなザックを抱えて40~50分も乗っているのは苦痛でした。座席は、ほんとにマイクロバスそのもので、補助席は、背もたれのパイプが当たり、きつかったです。妻は、私の次に乗車したのですが、運転席の横の座席に座るように声をかけられ、ザックもおろしてゆったりと景色を堪能したようでした。全部のバスが出てしまったら、バスが戻るのを待たなければならないので、乗車待ちをすることになります。
テント場に着き、場所を探すと、川沿いのところが1張り分空いていたのですぐにそこに決めました。空きがあまりないので、迷うこともなかったです。私たちがザックをいじっていると、男性が来て、空きますかと尋ねるので、これからですち答えるとがっかりした様子でした。場所代は、1人500円です。
テントを設営し、甲斐駒ケ岳に向かいました。最初は川(沢)沿いを進みます。途中からガレ場になります。ここでまさかの妻の滑落、仰向けに谷側に落ち、というより枝に支えられ落ちるまではいきませんでしたが、引っ張るのに重く、渾身の力を込めて引っ張りあげました。
やがて見えた甲斐駒ケ岳の雄姿に感動し、めったにしないのですが、一緒に写真を撮りました。(写真は、本日の午前中のみ限定公開です(笑))※好評❔のうちに終了しました 頑張って駒津峰まで行きましたが、時間的に甲斐駒ケ岳は諦めて下山することにしました。16時過ぎにテント場に戻ってきました。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン